読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽センスを伸ばしたい!

音楽ライター山本美芽による、ピアノレッスンに関する取材日記です。

セミナースケジュールはこちらです。 山本美芽オフィシャルサイト

子連れランチ@有楽町無印良品&交通会館

ひさしぶりに女友達と会おうよということになり、都内でどこがいいのか検討した結果、銀座がいいということになりました。彼女も私も今や子連れなので、子どもと一緒に行けるところを考えたところ、有楽町の無印良品に小さいけれど子どもが遊べるスペースがあり、mealMUJIというレストランはファミリー対応だというので、そこで待ち合わせました。

2歳の息子とふたりで電車に乗って銀座まで、ベビーカーは迷ったあげく持っていかないことにしました。ほぼ全部だっこを覚悟していた割には、半分ぐらい歩いてくれて助かりました。無印良品の子どもが遊べるスペースは、4畳半ぐらいの小さなものでしたが、おもちゃもあって、30分ぐらいはそこで遊べて助かりました。レストランは、暖かいデリと冷たいデリ、ごはんまたはパンを選んで700円から900円ぐらい、子ども用プレートは600円でお釣りがくるという感じで、親子で2000円もあれば十分おつりがきました。席が非常にゆったりしていたし、お料理の味付けも、大人がおいしいと思うだけでなく、なぜか子どもが良く食べてくれて、非常に助かりました。春雨サラダを私が食べようと思って選んだら、「ちゅるちゅる欲しい」という息子にほとんどあげる羽目に。プリンが欲しいというのでデザートで頼んでおいたら、まず最初にプリンを食べはじめたところが2歳で困ったものなんですが…プリンがすごく巨大で、親子で1つでちょうどよかったかな。全体的に味つけが薄めだけどしっかりしていて、脂っこくなくて、とてもおいしかったです。

その後、すぐ隣の交通会館へ移動。3階の広場は、新幹線や電車とちょうど同じ高さで、よく見えること!! 子どもたちは、もう大興奮です。東京駅からそう遠くない場所なので、まだ新幹線もゆっくり走っており、新幹線の本数も多くてひっきりなし。梅雨の晴れ間で天気がよすぎて暑かったのがちょっと困りましたが、男の子を連れて一休みするのには絶好のポイントでした。

それから、交通会館1・2階に入っている三省堂書店の児童書コーナーに行くと、そこには窓があって、そこからも新幹線が見えるではないですか! 友人が「これ面白いよ」といって教えてくれてた工藤ノリコ「ピヨピヨ スーパーマーケット」を購入。この本、家に帰って子どもたちに読んであげたら、下の子だけでなく7歳の娘も「これ、もう1回読んで!!!」としつこくせがんできました。日本のスーパーならではのかわいいパッケージのおいしそうなチョコレートやキャラメルやパンやアイスなどの絵、見ているとなんだかうれしくなってきます。

このへんで午後2時半。すでにうちの息子は眠そうなので、そろそろ帰ることにしました。だっこして歩いていたら眠ってしまったので、歯を食いしばって松屋銀座まで移動。ベビーカーに眠っている息子をのせて、1階と地下をざっと見て、お土産のお菓子を買いました。デパ地下なんて2年ぶり!!! あ〜幸せ〜!!! アメリカにはこういう場所はないんです!!! サンフランシスコのフェリービルディングは若干それっぽいですけど、まあそれぐらい。

そんなわけで、爆睡した12.5キロの息子を抱えて、帰途につきました。昔の友達も、自分も母親になっていて、子どもたちどうしも遊べながら再会できるなんて…、年をとるのも、出産・育児も、ときには楽しいごほうびがあるものなんですね。