音楽センスを伸ばしたい!

音楽ライター山本美芽による、ピアノレッスンに関する取材日記です。

セミナースケジュールはこちらです。 山本美芽オフィシャルサイト

カプースチンのトッカティーナ練習中

きょうも原稿書きの前にまず練習。カプースチンの続きを譜読みする。
ベースライン、これはエレキベースでしょ。
音は外してもいいからリズムは外すなって小曽根さんが言ってたな、、
いろいろ思い出しつつ楽譜を読む、よろよろと弾く。
練習は楽しい。

 

 

https://www.instagram.com/p/CCWMdkVp0fD/

カプースチンのエチュード3番トッカティーナ長年弾きたいけど弾けなくて寝かせていました。今朝何か弾けるような気がして楽譜を開いた。7小節だけひたすら練習した。もしかしたら弾けるかもしれない。今やらなくていつやるんでしょう。しかし、めっちゃロックですね。#kapustin #toccatina #etude #piano #russia #rock #emoll #pianosolo #mimeyamamoto #mimewriting #japan #petrof



ヤマハ横浜にて教本セミナー 登壇復帰

ヤマハ横浜にて「ピアノ教本の歴史と特徴」セミナー
無事終わりました! 厳重なコロナ対策。フェイスシールド装着にピンマイク。でも話し始めたらいつも通りです。
うなずいたり笑ったり手を上げたりしてくださるのが、嬉しい。

f:id:mimeyama:20200704130857j:image


お店の楽譜売り場、山本美芽コーナー? 凄すぎて感激。ご覧ください、この濃いラインナップ。
そしてなんと、大学大学院で仲良しだっだけど音信不通だった同級生が最前列に。マスクで気付かなかった。
「えー⁉︎ 20年ぶり⁉︎」
「話面白いの全然変わってないね」
いやはや恐れ入りました。 
ご参加の先生方、お使いの本に足すアイテムか見つかったようで良かったです。
皆様のおかげで無事、登壇復帰完了でございます。
次回はヤマハ横浜で9月4日「見比べ」です
f:id:mimeyama:20200704130801j:image
f:id:mimeyama:20200704130805j:image
f:id:mimeyama:20200704130809j:image

対面インタビュー、再開

久しぶりに電車に乗りました。

梅雨の晴れ間でまぶしい空。いい天気。

電車は、高いところを走り、トンネルを抜け、高架になり、広い空が見えて、地下に潜る。
ひさびさに、目線が変わって不思議な気分でした。

渋谷駅に着くと、東急東横店が閉まっている。

ああ、閉店するって、3月にいってたものね・・・

東口まで歩いていく。

久しぶりのインタビュー、ちゃんとできた。
忘れ物もなく。

大丈夫。ほっとしました。

新しい駅ビル。

帰りに寄ってみましたが、オシャレなのはわかるんだけど

特に買いたいものもなく。お洒落な空気だけ吸って帰りました。

帰りの電車で原稿をスマホに打っていて

気づいたら眠っていて、終点。ああ、帰ってきた。

帰宅して、急いでピアノの練習してご飯作って、

夜になって仕事をして

当たり前のように、外に取材復帰完了。

疲れるんじゃないかと心配していたけれど、

大丈夫でした。毎日ウォーキングしていたのがよかったのか。

昨日もセミナーを受けに行って、頭を戻してきました。

金曜日にしゃべる前に、セミナー会場の空気を吸って

2時間をどう展開していくのかテンポ感を取り戻したい。

 

 

今井顕先生セミナー 横浜、中山 三響楽器

中山の三響楽器さまに、今井顕先生のセミナーを聞きに行ってきました。

ブルグミュラーについてというよりは
ブルグミュラーを題材に
ウィーンで先生が勉強されてきた
現代の弾き方の基礎基本をひもといて
くださった。という感じです

ルートハルトがつけた長いスラーは
フレージングスラーという話から、
スラーが書いてある場合の具体的な弾き方
昔、ドイツで流行した、アウフタクトにできるものをスラーにしてつなげるフーゴー・リーマンのスタイル

頭ではわかりますが
たぶん無意識で弾いたらできてないと思います。
子どもの頃には
ルートハルトがつけた長いスラーや
リーマンのアウフタクトからスラーを始める弾き方が常識であり正解でしたから。

これからの子どもにはこちらを教えたい。

ブルグミュラーまで到達できない子たちもたくさんいるけど、先生と名乗るなら知っておきたい。知らないと。f:id:mimeyama:20200701001716j:imagef:id:mimeyama:20200701001720j:imagef:id:mimeyama:20200701001723j:imagef:id:mimeyama:20200701001729j:image

 

今井先生のセミナー復習中、2003年の論文が非常にわかりやすく無料。これ必読です
どのソナチネが良いのか考えるには必須
2003年から今までみていなかった不覚、、、

 

http://atwien.com/2003/03/31/%e3%82%bd%e3%83%8a%e3%83%81%e3%83%8d%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%a0%e3%81%ae%e5%95%8f%e9%a1%8c%e7%82%b9%e2%94%80%e2%94%80%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%ad%e3%83%a5%e3%83%ac%e3%83%bc/

ライブなし生活 3か月が経過

3か月、家にこもってました。
スーパーと公園だけ。

出産した年も、生活はこんな感じだっだけど、
産後1か月のときに、地元に則竹さんがコンサートにいらしたので、行ってるんです。出かける前に娘をお風呂に入れて、夫が夜6時半に帰ってきてから、バトンタッチして7時開演だったかな。

月に一度、夫に早く帰ってきてもらったり
実家に帰ったり
とにかく、そういう時期でも月に一度ぐらいはライブに行き続けてきた。

アメリカに住んでる最中はそんなには行けなかったですが。

いまやっと子どもが成長して週1ぐらい。

すべての予定をコンサートを中心に考える生活をずっとしてきたので

なんか、、

調子が出ない。

明日からインタビューは再開しますが

ライブに行きたい、、

今ひとつ調子が出ない、、、

配信ライブは嬉しかった。かなり救われた。

だけどライブのかわりには、ならない。

ライブに行ってない私は本来の私じゃない。

根津栄子先生スケールアルペジオセミナー【ご感想】

 

 

根津栄子先生のスケールアルペジオライブ配信セミナーを主催させていただきました。f:id:mimeyama:20200617195916p:imagef:id:mimeyama:20200617195939p:image


知らないことがたくさんありました。
これからのピアノの基礎基本が掴めた気がします。
栄子先生、本当にありがとうございました。

録画受講をご希望の方はご連絡いただければ可能です。

 

 

https://wkenkyu.hatenadiary.jp/entry/2020/06/01/101903


改めて、栄子先生のお優しい声と笑顔と
素晴らしい指導に感動です!

 

栄子先生とお話していると、ひとつひとつの核心に取り組んでいらして、その真摯さにうたれます。そこも含めて学んでいきたいと思っています。
私もスケールアルペジオやり直しです。

 

【ご感想】

 

「スケールとアルペジオの重要性を伝えようと、子供向けのハノン教本を使って来ましたが、ほとんどの子が好きにも弾けるようにもならず、指導に行き詰まっていました。根津先生のご指導、大変勉強になりました。子供目線での取り上げ方に徹しているこの教本を使い、楽しく進めていきたいと思います」


「指の独立、手首の脱力に役立つ指導法がわかり嬉しいです。全調指導に挫折した経験がありますがまた頑張ろうと思いました」


「スケール アルペジオは以前から大事だよなーと感じでいました。 しかし、生徒に指導するにあたり、やだな、つまんない意識を持たせないようにするには、どうしたらいいかなぁと悩んでいたところ、根津先生のセミナーで曇り空の気持ちがパッと晴れやかになりました。 CメジャーからFメジャーではなく、Dメジャーになっている先生の配慮がもう、涙ものです! これなら生徒にも明るく指導できそうです!早速使わせていただきます!」

 

 

「小さいうちからスケールやアルペジオを覚えさせる手法、とても勉強になりました。早口言葉楽しそうでした。 言葉を覚えるように音楽の型を身につけさせている先生、素晴らしいと思いました。やはり本を見るだけでなく、書いた方のお話を聞くのは勉強になります。 自分にもできるのか心配ですが、頑張っていこうと思います」


「とにかく先生が可愛らしくて聞いていて楽しかったです。旧版には無い内容のもの(p.39)がとても良く、さっそく役立ちそうです。カデンツもスケールの始めから出てきたことが嬉しいです。これからはNEW版でレッスンを進めます。ありがとうございました!」


「昔私が先生に言われたハノンとスケールの大事さや練習が現代の子供に、やりやすいように書かれているので、こちらの本を高学年には積極的に使います。グッズが楽しくて分かりやすかったです」


「全調の楽しい覚え方、それはまるで学校の勉強で暗記しないといけない英単語や歴史をいかに楽しく覚えるか!のようなノリで楽しく覚えられそうです!弾くだけで、それ以上になかなか発展させられていなかったので、たくさんのアイデアを学ぶことができました。今日から楽しく教えられそうです!」


「大変分かりやすかったです。 ここまできちんと順を追って進んでいける本はなかなかないと思いました。今後はこの本で進めていこうと思います。 そして、テキストの素晴らしさはもちろんですが、やはり指導者の熱さが何よりも大切と痛感しました。 ありがとうございました!!」

 

「子供にはハノンで全調をやるよりも入ってきますね。バーナムの全調もやらせたりしましたが、今度からは先生のテキストを使わせていただきます。ありがとうございました。」


「スケールアルベジオの重要性は分かっていながらなかなか導入できずにいました。しっかりと背中を押していただけた感じです。ありがとうございました。

 

 「先生の軽やかなスケール奏法。素晴らしく、セミナー終了後早速、練習し直してみました。 セミナーで教えていただいたことを生徒さんに伝えられるように、まずは自分の復習と練習を頑張ります。 ありがとうございました!」


「一年ほど前に先生の『スケールとアルペジオ』を生徒さんの指導に使いはじめましたが、今日のセミナーでテキストの価値が何十倍にもなるほどの内容でした!!NEWはカデンツが入っているのも使いやすいですね」


「参考になるお話をありがとうございました。 早速、ハノンを弾いている子と早口言葉をやってみたところ全く違う音を言っていてびっくりしました。 指の番号の並びだけで弾いていたのですね。 気づいて良かったです。 調号ももっと取り入れたいと思います。 ありがとうございました」


「今日は素晴らしいセミナーをありがとうございました。旧版のセミナーを6~7年前に受講してましたが、今日は間近で先生のお手元も拝見することができて、とても勉強になりました。いつから始めるか、どのようなことに気をつけてさせていくのか、グッズを使て楽しい雰囲気で興味を持たせるなど、私もすぐに初めて見たいと思いました。また繰り返し見てお勉強して深めたいと思います」

 


「早い段階からのスケール・アルペジオ指導の必要性を以前より感じていて、バスティンやバーナムの教材でその都度教えてきましたが、殆どの生徒が身に付かず、ハノンを使う頃また1からやり直しという感じでした。 生徒にも苦手意識を持たせてしまい、どうにかしたいとずっと思っていましたので、今回の根津先生の講座で目の前が明るくなった気がしました。 子どもの目線に合わせた指導が大切ですね。 早速、使わせて頂きます」



「栄子先生の『こどものスケール・アルペジオセミナーに参加してから7年。久しぶりに先生の、「栄養」になる大切なスケール&アルペジオの使い方を聴くことができて、まずは何よりも感激でした。そして、五度圏をつかっての結びつけ、ドレミファソのうた等、やってはいるけれども…と曖昧にしていたことの課題も見つかりました。 旧版でつかってましたが、これからの生徒にも新版で使いたいと思います。 ありがとうございました!」


「スケールでつまずくのは順番のまま弾くからで、指遣いごとにまとめるという事が、先ず眼からウロコでした。 グッズを見せて音の具体的なイメージを持たせたり、楽しんで練習させていく先生の熱意が伝わりました。真珠粒のようなスケールの先生のお手本がとても美しく、自分も練習しなくては!と思いました。 大変勉強になりました。 ありがとうございました」


「細かいところまで教えていただいて、とても勉強になりました。 スケール、アルペジオ、自分も練習しなければ、という気持ちになりました。1でおりて5で上がる、生徒にも自分にも徹底したいと思います。 ボールでの説明がわかりやすかったです。 ありがとうございました」


「私自身知らなかったことがたくさんありました。私自身、またスケールアルペジオを勉強し、根津先生のような愛のあるレッスンを提供できるように頑張りたいです。ありがとうございました」


「『1つの素材でここまでできる!』ということが眼から鱗でした。妥協せずに〝楽しんで〟教えて学んで生徒と一緒にレベルアップしたいと思いました。ありがとうございました!」


「まず、先生のレッスン室はいつも楽しいレッスンが展開されているのだと思いました。 全てになる程と納得させられる内容でした。 本当に素晴らしい学びの時間になりました。」


「スケールの導入早めます! 土壌作りのアイデアをたくさん教えていただき、ありがとうございました。 先生の柔らかな動きのスケール、美しかったです❣️」


「今日のレッスンで使ってみたいことが山ほどあります。まずボールも購入し、パールのネックレスも作り、メモをまとめます。 ありがとうございます」


「柔らかいボールを使用した手首の指導、とてもためになりました。少しずつですが、全調を目指して楽しくレッスンしたいと思います」


「先生のやわらかな物腰に、憧れてしまいました。まだお会いしたことのなかったので、是非どこかでお会いしたくなりました。 スケール、アルペジオの重要さがよくわかりました!」

 


「ありがとうございました。とても流れるような美しいタッチ、やわらかい柔軟な腕で演奏されておられますね。それを観せていただいただけでも 根津先生の指導の奥深さが感じ取れました」


「沢山の実例を見せていただきながらの指導法、とてもわかりやすかったです。 特に、手の使い方はカメラで良く見えたのでありがたかったです。 根津先生の工夫いっぱいの内容がとても勉強になりました。 ありがとうございました」


「1番前の席で受けているのと同じ感覚で受講できました。 手や腕の使い方も良く分かりました。 早口言葉!同感です。また、ツェルニーセミナーも受講したいです!ありがとうございました」


「どうやって教本を使用すれば良いのかわからなかったので、今日は受講してよかったです。 生徒さんへ伝えながら、私は今日からスケールアルペジオやり直してみます。 とてもわかりやすいお話でした。 ありがとうございました。楽しくレッスンしながら、力がつく本当に魅力的な指導法でした。どんな生徒さんにも使え、基礎から応用まで幅広く指導できることがわかりました、生徒さんにはもちろん、自分のテクニックの見直しにも使います!!ありがとうございました。」


「今日は充実の時間をありがとうございました。『栄養失調にならない課題の与え方が大事』と言う言葉が心に残りました。この言葉を胸に、自分のレッスンをあらためて見直してみようと思います」

 

「スケールとアルペジオが、とても大切な練習だったと、あらためて認識しました。 また、ハノンやバーナムのスケールは、音符が細かくて、中学や高校生になるまでは、難しいと思っていました。 根津先生の、このテキストを見つけたときは、これだって思って購入していたのに、やはり、難しいのかと、ずっと本棚に、残念な宝の持ち腐れでした。 自分自身が、針金入りパールなので、、 まずは私が弾きたいと思います。 今回のセミナーでは、とてもわかりやすく教えていただけて、ぜひ、使ってみようと思いますや

 

「根津先生のスケールとアルペジオの教本に出会って、これなら早くから取り入れられる!と、旧バージョンから取り入れて来ましたが、今日直接お話を伺う事ができて、細かな部分がとてもよく分かりました。 ボールを使った指導、調整カードは、直ぐに取り入れてみます。グレードも作りたいと考えていましたので、早速作成します。 今日は、ありがとうございました。」


「スケールノート(1オクターブ)の所から簡単なカデンツが載っていて嬉しいです。指のミラクルドリルの、ボールの上に軽く乗せて手首を回転を使って弾く練習方法、勉強になりました(指の独立と言えば一本一本指を高く上げて練習、と思っていたので)。ドレミで歌うこと、早口言葉も積極的にレッスンに取り入れていこうと思います。楽しく学べるアイデア満載で大変勉強になりました。ありがとうございました!」


「手首の使い方、力の抜き方、グッズの使い方など、すぐにレッスンに使わせていただきたいです。自分自身のスケール、アルペジオの練習にも、是非 役立てたいです。 わかりやすく楽しく勉強させていただきました。どうもありがとうございました。」


「長時間に渡ってのご講演、貴重な情報、ありがとうございました。 先生の音楽教育への愛ある取り組みが胸を打ちました。」


「根津栄子先生のセミナーは何回受けても新しい発見があります。 まずは、私がしっかり弾けて早口で言えて、流れもしっかり理解できるようにしてから生徒に伝えていきます。今日はありがとうございました。」


「調号カードが面白かったです」


「本日は、有意義な講座をありがとうございました。 ピアノだけでなく、調性感を知ることは楽器を演奏することの基本中の基本だと、今日のお話を聞いて痛感しました。 ピアノは、メロディ、ハーモニーを一人で演奏できる楽器です。 下手にエチュードをレッスンでやるより、スケール、アルペジオをレッスンに取り込むことが大切かと思いました。 ボールと真珠のビーズ、調性コードなどのレッスングッズもとても参考になりました。 これからの小さな生徒たちに、大いに活用したいと思います。ありがとうございました」


「とても有意義なセミナーをありがとうございました。特に手首のやわらかい使い方・ボールを使っての指導法などに感銘を受けました。いままで旧版でしたが、NEW版をセミナーのあとでゲットすることが出来ましたのでそちらでも復習してみます」


「今日は本当にありがとうございました。1でおりて5で上がる手の動き、またスケールを弾くとバロックやロマン派の曲を弾く練習として画期的でした!セミナー中はずっとなるほど!!と叫んておりました。ありがとうございました!」


「早口言葉で喋りながら弾くという事を早速試してみました。言葉と一緒に指も動き、滑らかに弾けました。又、歌う事の重要さなど説得力のある指導で大変良かったです」


「栄子先生、今日もありがとうございました。何度も教えていただいていることなのに、やっぱり新たな発見があり、受講させていただいてとても良かったです。
ただ、スケールをやるだけではなく、タッチや、音色にこだわり、ボールや、パールネックレスをつかって、音の粒をことばだけではなく、目や、触覚で、理解を深めているところは、すごいと思いました」

 

セミナー録画受講はこちらから。

 

https://wkenkyu.hatenadiary.jp/entry/2020/06/01/101903

 

なお、「NEW子どものスケールアルペジオ」は再販中て、7月に出来予定です。

 

NEW こどものスケール・アルペジオ

NEW こどものスケール・アルペジオ

  • 作者:根津 栄子
  • 発売日: 2019/09/26
  • メディア: 楽譜