読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽センスを伸ばしたい!

音楽ライター山本美芽による、ピアノレッスンに関する取材日記です。

セミナースケジュールはこちらです。 山本美芽オフィシャルサイト

ピアノ教師の年収として得られる可能性

「あなたがピアノを教えるべき11の理由」

 

この本のなかで、

ピティナの福田専務が11人のうちのひとりとして、ピアノ教師の年収として得られる可能性に触れています。

 

単身者なら300万円、夫婦と子どもふたりなら1000万円あれば充分。

そうでしょうね。

 

「1レッスン1時間を5000円とし、1日6時間働けば得られる金額です。」

 

この文章をちょっと噛み砕いてみましょう。

 

1日6人生徒さんが来てくれれば1日3万円。

週5日そのペースが保てれば週に15万円。

1ヶ月で60万。

年収60万×12ヶ月=720万。

 

そうですね。これなら充分でしょう。

 

ワンレッスン5000円毎週だと月に2万。

お月謝2万円ぐらいに設定して、

1日6人、週5日、合計30人来てくれれば、このレベルに行けますね。

 

充分な暮らしができるでしょう。

 

「優秀な指導者のなかには、懸命に働いて年収3000万という方もいます。」

 

この数字だけ見るとけっこう驚いてしまいますが、ワンレッスンが5000円の2倍、3倍、4倍となって、それで枠がびっしり埋まるのなら、ありえない金額ではないでしょう。

 

この世界は実力主義ですからね。

 

この年収に関する数字の話は、全体のほんの一部で、もっと違うことのほうが大切なんですが、やはり、数字に関して具体的に語られる記述というのはめったにないので、ある意味貴重な部分です。福田専務のお話、勉強になります。

 

 

あなたがピアノを教えるべき11の理由

あなたがピアノを教えるべき11の理由

山本美芽セミナースケジュールはこちら。