読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽センスを伸ばしたい!

音楽ライター山本美芽による、ピアノレッスンに関する取材日記です。

セミナースケジュールはこちらです。 山本美芽オフィシャルサイト

スタンリークラークからのフォロー??

ツイッターを始めてから、ほとんど毎日更新しています。まあたいしたことは書いてないですよ。what's happening? という問いかけに対して、さっき息子が寝たのでこれから夕飯作ります、今日はカレーだ、みたいなのとか、五嶋みどりのCDが届いたからこれから聴きますとか、今読んでいるthe Commonner って本に出てくる女官って単語はこうだったのねとか。

ツイッターに登録しなくても、見るだけだったらできるはずなので、もしも私のつぶやきが読みたいという方は、ぜひツイッターの頁を登録してご覧になってください。

http://twitter.com/mimeyama

いちおう英語の勉強も兼ねて英語でも書いているんですけど、英語だと、
140字って少ないですね。日本語だとすっごく短いけれどストーリーみたいな起承転結が可能。英語だと文章ひとつかふたつでおしまい。漢字の情報量の多さに改めて感動します。

さっきスタンリークラークからフォローが来たんですけど、本人なのかどうか?? でも、今ニューアルバムのマスタリングしてるとか書いてるし? うーむ?? 

しかしツイッターの世界では、どんどんいろんなことが起こっていて、ついていくのもなかなかエネルギーがいって、面白いです。

小室哲哉さんのツイッターは、やっぱり歌詞を書く人なんだ、こんなに短いのに、もう小室ワールドがそこにある! あの言葉のセンスにはうならされます、毎回。

それとカシオペア向谷実さん。もう水を得た魚みたいな、ツイッターで大暴れみたいな。自分のライブの実況中継をUSストリームでするわ、自分のスタジオで曲づくりをしたりフリートークでこれまたUSストリーム配信、要するにインターネット中継です。

取材に行って、いつも「あ〜向谷さんのこの面白いしゃべりを、そのままネットで流せれば、もう、インタビュー原稿なんて必要ないのに〜」っていつも思っていたんですよ。それが10年ぐらい前でしょうか。ついにそういう時代になったんですね。

ミュージシャン全員が、向谷さんみたいに自宅スタジオからインターネット中継を始めたら、たぶん音楽ライターの仕事は激減するんだろうなー。でも、みんながみんな、向谷さんみたいにしゃべるのが大好きってわけでもないでしょうから、たぶん大丈夫かな??