読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽センスを伸ばしたい!

音楽ライター山本美芽による、ピアノレッスンに関する取材日記です。

セミナースケジュールはこちらです。 山本美芽オフィシャルサイト

日光の戦場ヶ原を歩いてきました

旅行

ここ毎年、夏は両親と弟夫婦と一緒に、みんなで日光に1泊しています。宿は高徳温泉の日光アストリアホテル。ここ、夏は涼しいんですよ。戦場ヶ原の奥にあって、今回は夜は17度ぐらいまで下がりました。
温泉の質も、硫黄系のすごく強力なもので、はじめて入ったときは湯あたりしてしまいましたが、最近はそうならないように、10分ぐらいでさっと出るようにしています。神経痛に効くし、お肌もつるつるに。大地の恵みを感じます。娘に「温泉にはイオンっていうのが溶け込んでいてね」と説明したら「イオンはお店でしょ?」といわれてしまい・・・そうじゃなくて!!

2日目は、ホテルから車で5分ほどの戦場ヶ原に行きハイキングしてきました。ちょうどうす雲リで涼しい日でしたので、ばてることもなく1時間半ほど歩きましたね。5才の息子が、たぶんもう歩けるだろうということで今回行ったのですが、息子がいちばん元気で、私がいちばん無口になって元気がなく(爆)・・・3年前まではベビーカーに乗って「抱っこ」とかいっていたのに。子どもの成長は早いです。勢いよく茂る草、野原いちめんに咲くピンク色の野草、遠くにそびえる白樺「貴婦人」、びっくりするほど冷たいせせらぎの水。そしてふと開けたときにそびえている男体山の堂々たる姿。やはり自分の足で歩くと、自然と一体になれてリラックスできます。

2日目のお昼は、日光のレークサイドホテルへ。ここも湖畔のステキな宿で、ご飯がおいしいのです。銀メッキ(とニッケルの合金と書いてありましたが)のカトラリーに、ピンクのテーブルクロスの上に真っ白なテーブルクロスの重ねづかい。こういうところでご飯を食べられるようになったんです、息子も。それほどハラハラすることなく食べおわり、スカイツリーシャーベットというのがあって、カラフルな丸くくりぬいたシャーベットでツリーをつくったものが運ばれてきて。なぜ日光でスカイツリーかって、それは、このホテルが東武グループだからです!! 盛り上がっちゃいました。

帰りに東北道のインターで休憩するのに車のドアをあけたら、もあ〜っと熱気が。涼しいの、終わっちゃったねと、みんなで残念がりました。ほんとうにアストリアホテルは涼しくて、夏は最高です。弟夫婦は、日光駅から新宿まで直通の特急があるので、それに乗って帰りました。埼玉で生まれ育った私は、小学校と中学校の林間学校にはじまり、何度も来ている日光。箱根に比べると、美術館の類は少ないし、グルメ的にもきっと箱根ほどいろんなすごいお店はないのだろうけれど、標高の高さと山のスケール、そして歴史はなかなかです。何度訪れても落ち着きます。