読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽センスを伸ばしたい!

音楽ライター山本美芽による、ピアノレッスンに関する取材日記です。

セミナースケジュールはこちらです。 山本美芽オフィシャルサイト

も〜う寝〜る時間よ〜

うたとピアノの絵本(2) ひだりて

娘と一緒に毎日弾いている「うたとピアノの絵本 ひだりて」。

この「ひだりて」、なんか歌詞が面白いんです。

「おやつの時間、食べたら練習」
「も〜う寝〜る時間よ」
「まだまだ、眠くない」

…ただ面白い歌詞なだけじゃなくて、「ソシラシの動き」「3拍子の曲で2分音符を長く伸ばす」などの新しい課題が含まれているんですけどね。

しかし、夜になると「も〜う寝〜る」と私が歌い、娘が「時間よ」と続けて歌うことが最近多くて、ほんっとにこの「うたとピアノの絵本」って面白いよな〜とくすっと笑ってしまいます。

この前は、日本人幼稚園の運動会があったんですけど、ちゃんと「明日は僕の運動会だ」って曲も「ひだりて」にあるんですよ。「運動会までにこの曲を弾けるようにしなくっちゃね!!」と、根拠のあるようなないような理由をつけて、これも練習しました。

シュークリームとかクッキーとかの食べ物ソングが多いのもうれしい。

この前レッスンに来た4年生の女の子は、「ひだりて」の次の「りょうて」が終わったら進むアキピアノ教本をやっていまして、「クッキー焼いてみたよ…」という曲が出てきました。「クッキーって焼いたことある?」「うん、日本にいるとき友達の家で焼いたことある」とクッキー談義で盛り上がり、「お〜いし〜いシュークリーム…」の曲を小学1年生の男の子がやったときは、「サクラメントの日本食のお店のシュークリームってどうよ」と「やっぱり日本のシュークリームがいいよね」「でもサンフランシスコにあるビアードパパはおいしい」と、シュークリーム談義に。

「うたとピアノの絵本」は、作者の呉先生が、日々子どもたちの目線になって、子どもの目の高さそのままに作った教本なんだな、と、子どもを育てながら使っている今になってそのよさが痛感されています。…というか、私が子どもたちに同化してきたのかな〜最近…。