読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽センスを伸ばしたい!

音楽ライター山本美芽による、ピアノレッスンに関する取材日記です。

セミナースケジュールはこちらです。 山本美芽オフィシャルサイト

お気に入りのばら園「バラの家」

花束 ギフトコース 10本花束 デラックスコース 12本ブルー シャトー 鉢物グレイパール 新苗プリンセス ドゥ モナコ  鉢物ハイド ホール



もう終わってしまいましたが、母の日に、インターネットでお花を送りました。
うちの実家から車でちょっといったところに、地元では有名なバラ園「バラの家」があります。楽天で探したら、ちゃんと出てきたので、アメリカからインターネットでさくっと注文しました。さすがに、アメリカから手配されてきたばらを見て、母は驚いていました。

ここのばら園との出会いは、大学受験が終わったあと、地元で習っていたピアノの先生主催の発表会に出たところ、お祝いとしてここのばらの花束をいただいたのでした。

そんじょそこらのバラじゃありません。数あるコンクールで賞をとりまくった由緒あるバラ園のバラなのです。花びらの色合い、つや、生きのよさ、香り。どれをとっても申し分なく、1本だけでも、部屋中を明るくするようなものすごい存在感。そんなバラが20本も入った花束だったんです。ふつうの高校生だった私がそんな花束をもらったのは初めてで、飽きることなく枯れるまで見とれていました。

その後、大事な贈り物をするときは、だいたいここの花束でした。ほとんど100パーセントで、すごく驚いて感激してもらえました。近くを通るとき、自分へのごほうびとして、300円のバラを1本だけ買って帰ることも何度かありました。

お店の建物から奥に向かって歩いていくと、ずらーっと何列もの温室があり、そこでたくさんのバラたちがつぼみをつけています。あまりに素敵なので苗を買って帰って植えようかと思いましたが、日当たり、風とおし、土、水、肥料、薬・・・。あまりに大変なことがわかり、あっさりあきらめたものでした。

その後、郊外に引っ越したのでバラを庭に植えてみたら、たまたま場所が良かったのか、10メートル近い太い枝が四方八方に伸びて大変なことになってしまい、バラでも品種を選べば自宅の庭でこんなふうに楽しめるんだなとうれしくなりました。

でも、白地のふちにピンクがかったプリンセス・ドゥ・モナコなど、栽培困難なバラもあって、やはりプロが丹精したバラは、別の生き物のような凄みがあります。庭に元気よく咲いてくれるバラを愛するとともに、そうしたプロが丹精した仕事のすごさを時々じっくり見て、1本のばらの香りを毎日かいだり花びらをそっと撫でたりする時間も、とても貴重なものです。

地元の人や知る人ぞ知る、といったここのバラが、誰でも手軽にインターネットで買えるようになったなんて、かなり感激です。しかも、このおためしセットの安さはいったい・・・。開店記念 おすすめ お試しセット♪ 

ああ、海外発送してもらえないのが残念・・・。