読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽センスを伸ばしたい!

音楽ライター山本美芽による、ピアノレッスンに関する取材日記です。

セミナースケジュールはこちらです。 山本美芽オフィシャルサイト

【生徒が多いのは金儲け主義?】

たくさん生徒さんがいるベテランA先生からのメールをご紹介します。

生徒が多いと、商売だとか金儲けといって冷たい目で見られるんだとか。

 

「大体みなさん、生徒さんは多くて毎日6~7人じゃないでしょうか。私は大体毎日13人前後です。15人の時は(休憩なし)へろへろになります。
それを言うと
『え?私は7人で精一杯だなぁ15人も教えたら目が届かないでしょ、音楽を教えられますか?』とか言われる。

少ない人に限って、好きな音楽を教えてるから良いんです。とくる。
そもそも好きな音楽を教えてるからいいの。っていうのは上にちゃんと理由が乗っかってるなら良いんです。例えば、パートよりも時給がいいからそれプラス好きな音楽の仕事で。
とかね・・・
だけど、少ない自分を慰める言葉として「好きな音楽を教えてるからいいの」と自分で納得する為の言葉として使うのは違うと思うんですよね。
パートより良いからとか、子供を育てるのを優先にしたいからっていう理由はそれはそれでとってもいい事だと思うんですけどね。

例えば月に50万売り上げても、この仕事には何の保障もありません。
年収が600万だとしてもこの年齢で大きな会社に勤める人はこれくらい、それ以上、プラス保障、退職金もちゃんとありますよね。
それくらいを目標にしても、
商売商売してると言ってくる同業者の方。
音楽の伝道師として、お安く設定されてるのかしらと思ってお月謝を聞いたら、人並み。あれ?(笑)」

 

 

生徒さんがたくさん、毎日15人。レッスンが良いから集まるんでしょう。
商売って悪いことなんですかね。
教育だから商売ではないのかな。
でも続けていくには、商売としても成り立たせなくちゃ誰も赤字を補填、補助してくれないですからね。