音楽センスを伸ばしたい!

音楽ライター山本美芽による、ピアノレッスンに関する取材日記です。

セミナースケジュールはこちらです。 山本美芽オフィシャルサイト

2019年で登壇244回


山本美芽トーク 7 ピアノ教本2019年の新傾向とは?


山本美芽トーク4 著者デビューと出産


山本美芽トーク6 バルトーク ミクロコスモスとの出会い

いったい何回セミナーでお話したのか。

 

一応数えています。

 

2017年までが155回

2018年が51回(この年は多かった)

2019年は38回(これぐらいでちょうどいいかな)

 

2019年終了時点で244回です。

 

12月11日の名古屋のヨモギヤ楽器さま 241回

17日 ライブ配信で 243回

19日 ホームセミナーで 244回

 

キリのいい250回は、来年2月13日の四日市セミナーの予定です。

f:id:mimeyama:20191205232709j:image
f:id:mimeyama:20191205232713j:image
f:id:mimeyama:20191205232703j:image
f:id:mimeyama:20191205232635j:image
f:id:mimeyama:20191205232649j:image
f:id:mimeyama:20191205232653j:image
f:id:mimeyama:20191205232658j:image
f:id:mimeyama:20191205232641j:image
f:id:mimeyama:20191205232644j:image

 

セミナーはひとりではできません。どんなに私がやりたいと叫んでも聴いて下さる方がいないとできないんです。楽器店セミナーはご依頼がないとできません。続けてこれたのは、ひとえに、受講してくださる先生方、楽器店様、出版者さま、楽譜卸のみなさま、家族、多くの人にささえられてのことです。

書くのはあくまで手段でした。喋った方がわかりやすいのならいくらでも喋ります。これからYoutube動画での喋りも強化していきます。

 

「美芽先生は、何もみないでセミナーで喋るんですね」と驚かれたこともあります。

 

セミナーでは沢山喋りたいことがあるので、もう、キーワードだけあればだ―――――っと喋れます。先生方の顔を見ながら出したり引いたり調整しつつ。私のセミナーはトークライブで、ジャズっぽいねとよくいわれております。爆

 

是非セミナー会場でお会いできるのを楽しみにしております。

遠くて来れないというかたは是非ライブ配信セミナーをどうぞ。

 

「楽しい」の具体像

 

田村智子先生レパトワクラスを渋谷で開催しました。楽しいと言うのは何なのか、その具体的なレッスンイメージがここに示されています。

ご紹介をしゃべってYouTubeにあげているのでご覧ください。https://youtu.be/AZ4ltvn6Wzs

「私が先生方からたくさんのことを、このレパトワクラスで学ばさていただいて、感謝してもしきれないくらいです。音楽を感じたままに表現できる!例えばテンポも自分の想いを伝えたくて変えて演奏してくださると、その曲がまったく別の解釈にもなります。こういうピアノ教師の《音楽あそび》の時間を持てるって幸せだな~とも思いますが、みなさまはどうお感じになったでしょうか。改めて、ここでお礼を申し上げます。本当にすてきなレパトワのプレゼント、ありがとうございました。」

 

《田村先生より》

リズムを追求

昨日はスマホアプリの16ビートのドラムループに合わせてChaseを練習していました。

テンポ落とさないと全然合わない。
リズムがまだまだ、猛反省。ごちゃごちゃ過ぎて動画撮る気にもなりませんでした。
自分なりにもう少しリズムを追求したいなと今頃になって思います。

カッコいい、とスイッチを押してくれる音は
たいていリズムが神がかってます。

脱力するのも感じるリズムをそのまま音にするためじゃないのかな。

 

やや軽めにリズムを意識して弾いてみました。

きょうもCHASE#chase #moriyasaito #monologue #piano #pianoaolo #pianist #music #musik #musique #petrof #japan #mimeyamamoto #mimewriting

 

田村智子先生レパトワクラス2

渋谷ホールにて、ライティング研究会主催で

田村智子先生のレパトワクラスを開催しました。
田村先生のご著書「わかーるピアノ1」を発表会でカッコよく聴かせるアイデアのレクチャー、

田村先生が翻訳された
「ピアノの広場2」
受講者全員、生徒役で1曲演奏します。
そこに田村先生が演奏しつつご提案。
そのあと弾くと、演奏が変わります!!
スペインものはパーカッション入れます!!

レジェンド級の著者の先生のオーラを間近に吸って
めちゃくちゃパワー注入です。f:id:mimeyama:20191128204659p:image
f:id:mimeyama:20191128204703j:image
f:id:mimeyama:20191128204706p:image

セミナー動画もバッチリフルで撮れました。
受講された先生方の復習用に撮ったものですが、参加できなかった方で視聴ご希望の方も、ご覧いただけます。
受講料は2500円です。専用グループにご招待しますので銀行振り込みのお支払いです。

限られたレッスンの30分でリズムをどうやって教えるのか。
田村先生の方法は必見です。今日のテキストは、ちょうどソナチネ程度の生徒さんに使える内容でしたね。

 

動画受講ご希望の方はご連絡ください。

 

お申し込み、お問い合わせお問い合わせ - 音楽ライター/ピアノ教本研究家 山本美芽 Mime Yamamoto

格好つけても、見破られる

自分の言葉で書く。

これはライターになる前から、そして今も

ずっと一貫してきました。

 

今日は、私のライティング個別指導を受講してくださっている楠部(なんぶ)かずえ先生が、こんなご感想をくださいました。

 

 

格好つけすぎず、
自分を低く評価せずに
書くことが大切だと思いました。
適当といいますか、流れだけで書くと
すぐに、つじつまが合わなくなります。

ひとりよがり、宣伝色が強いブログにならないように 気を付けます。

今まで使ったことのない
言葉や言い回しを
受け売りしても
格好つけているだけで
すぐに 見破られるような気がします。
私のレベルでは
誠実に書くのが 伝わると思いました。
これも、先生のご指導を受けた お陰です。
感謝しています!
まだまだですが よろしくお願い致します!

 

 

山本より

 

意味のわからないピンとこないことばは使わない。

本当に思っていることだけ書く。

これはどんなときも基本だと思います。

 

 

かずえ先生とは、昨年、伊丹セミナーでお会いしてからのご縁です。すごい勢いで勉強されて生徒さんも増えていらっしゃいます。

セミナーでお会いしたときの写真!!

 

f:id:mimeyama:20191127145616j:image

 

ライティングの個別指導はいま枠が空いていますので受講可能です。

 

 

 

さまざまな教材の調性順序

ライブ配信セミナー「譜読みのシークエンス」第5回のご感想です。

 

「早速色々な教材の調性順序を調べました。書き出してまとめる事で今までわかっていたつもりだった事が沢山判明いたしました。オルガンピアノの目次が使いやすかったです!
5指スケールは少しずつ取り入れていたのですが分かりやすい譜面《ペースメソッド》を教えていただき取り入れやすくなりました。有難うございました」

 

受講は録画で可能です。詳細
f:id:mimeyama:20191121081359p:image
f:id:mimeyama:20191121081356j:image

普通って何?ライブ配信セミナー「譜読みのシークエンス」第5回より#mimeyamamoto #ピアノ教本セミナー #山本美芽 #mimewriting


こちらから。

https://wkenkyu.hatenadiary.jp/entry/2019/09/03/130220