読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽センスを伸ばしたい!

音楽ライター山本美芽による、ピアノレッスンに関する取材日記です。

セミナースケジュールはこちらです。 山本美芽オフィシャルサイト

プチわかーるA 考えるカンガルー

釧路から札幌セミナーにご参加くださった舘岡由紀子先生のご感想です。早速ご活用‼︎ 良かったです。

 

セミナーで紹介されていた、田村智子先生の

「プチわかーるピアノ」大ヒットです!
まず、曲が大好き過ぎて、私がハマってまして🎵

そして、トンプソンはじめてピアノ教本、みよしメソッドも使い始めました。

 

プチわかーる の中に出てくる

かんがえるカンガルーのかんがえるポーズです。
f:id:mimeyama:20170527094605j:image

ピアノ教本ガイドブック ご感想

加藤千里先生のご感想

「ようやく手にしました!
こんな本が欲しかった!!、、、とまず一番の感想です✨

幼稚園の教室では、毎年新しい生徒さんに入れ替わる為、4月〜5月に教材選びが始めの大仕事になります。

一回のレッスンではその子の性格も把握できなくて、しばらくはスケッチブックにいろいろなタイプの曲や手作りの楽譜(楽譜とも言える段階ではないけど^^;)を貼ってもたせたり。

みんなと同じのを渡したら、簡単すぎて、すぐまた別のを買っていただいたり。出来そうだなと思って難しめの渡したら、負担すぎてやらなくなったり。大きな声では言えないけど、失敗も数々、、、。

やっと傾向がわかってきた、と思うと、子供って進化するのかなと思いますが、譜読みはすごくできるけど手が動かない、とか、耳コピ能力がすごいけど譜読みが苦手、キライ、とか、最近はまた違うタイプの子が増えてきて、ますます迷宮から抜け出せないのです。

でも、短いレッスン時間で1、2年間の勝負なので、その間に、やる気が起こるか、その子のいいところを伸ばせるか、また教室内で他の先生の生徒さんともいい意味での競争もあり、卒園して他の教室に行った時に、こんなの使ってたのー?と思われないような気遣いもあり、教材選びって本当に重要。

そんなこと言ってるけれど、雰囲気で選んでないか?絵がきれい、かわいい、とか、見やすいとか、1冊めだけ見て決めてないか?
シリーズでこの先は何を目指しているのかまで見てないのでは?
と、色々と考えさせられ、とても勉強になります。(これはあの子にはダメだったなあと反省も。。。)

まだ全部は読めてないですが、いつも使っている教材も多く、いろいろな角度から、丁寧に解説されているので、勉強と言う見方だけでなく、楽しんで見ています。

美芽先生、素敵な本を作ってくださり、ありがとうございます!」

 

 

押見雅子先生のご感想

 

「ピアノ教本がたくさん増えたということは、ピアノレッスンを通じて音楽の総合力を身に付けるための研究が進んでいるということでもあります。
音楽的にとても高度なこともピアノの技も、わかりやすく楽しくつまずかないよう生徒の皆さんにお伝えできるようピアノの先生も日々精進しています。

このガイドブックはただ教本の紹介をしているわけではありません。
それはそれはたくさんのピアノの先生方から取材をした美芽先生が、レッスン現場での理想と現実を据えて、ピアノ教本の歴史やその教本を作られた先生方の思い、特徴をとても丁寧に考察されて書かれています。
レッスンで教本迷子となった時、そしてその生徒さんが今身に付けるべきことをどんな教本で乗り越えればよいのか、必ずその道しるべが見つかるガイドブックです。

ずっとこのガイドブックを手元に置きながら、それぞれのピアノ教本からのメッセージを学び受け取り、生徒の皆さんといっしょに心豊かにピアノの道を進んでまいります」


名古屋ぴあのくらぶ 教本セミナー乗り換え編

f:id:mimeyama:20170525171631j:image

 

名古屋の西岡先生から「ぴあのくらぶ」での講師としてお招きいただきました。

会場となるスタジオエリーゼ、素晴らしい空間に、温かい先生方‼︎

金沢でもお話した「教本の乗り換え」についてお話しました。

ひけるよジュニアの3.アルフレッド基礎コースなどでポジション移動が出てきますが、きょう実際に使っている先生からいただいた、こんなお声。

 

「ひけるよジュニア3は必ずレッスンのなかで指使いなど注意点を確認してから宿題にして、保護者の方も意識が高いのでフォローしてもらっています。これまでつまずいた子はいません」

 

「アルフレッド基礎コースは、同じポジションが続くときは1回あたり5曲ぐらいマル、初見で弾けたら終わりにすることもあるぐらいのペースでどんどん進めます。ポジション移動の前からは、ノートを併用して慎重に進めます」

 

また、ピアノランドが大好きだけど、3以降が使いこなせない子が出てしまう話をときどき聞きましたが、

途中でいろいろな教材を差し込み、寄り道することで理解力厳しい生徒さんも使い続けられている、というお話も聞きました。

 

 

このあとは高崎、浜松、仙台、渋谷と伺います。
https://mimeyama.jimdo.com/セミナー/

札幌教本セミナー

f:id:mimeyama:20170519212141j:imagef:id:mimeyama:20170519212149j:imagef:id:mimeyama:20170519212155j:imagef:id:mimeyama:20170519212201j:image

新刊が出てから初めて、札幌セミナーでした。
北海道でも、やはり仕事をしているお母さまが多いそうです。
働く忙しい母がどの程度練習サポートできるのか?
観察しながら教本を選んでいくのが、レッスンが長続きするために大事ですね。
島村楽器クラシック店さま、なんとザウターをご用意いただいきました。弾きやすく音色も素晴らしくて、持って帰りたくなりましたよ。

 

 

例えばロシア奏法と田村智子先生のプチわかーる、トンプソンのはじめてのピアノ教本にスオミにミクロコスモス、一つずつセミナーに行けたらいいけど、大都市以外では難しい。そこを埋めるお仕事ができてきたかなと最近思います。
これまでピアノ教本が入れ替わるには50年単位の時間がかかっています。このスパンを10年ぐらいに圧縮、
今の子どもたちが本当に喜んで練習する本と出会えるために役立てたらなと。

f:id:mimeyama:20170519212438j:imagef:id:mimeyama:20170519212445j:imagef:id:mimeyama:20170519212457j:image

 

終了後は、ジンギスカンのランチ、さらに釧路チームの先生方に、道庁、時計台、大通り公園を案内していただいて。

そのあと、釧路に帰る途中だからと、車で千歳空港まで送っていただきました!

行きは江別の信定千尋先生、帰りは釧路の舘岡由紀子先生、本当にお世話になりました。

札幌は暑いぐらいの素晴らしいお天気。

八重桜は散りかけ、ライラックが咲き始めていました。ライラックってこんななんだ‼︎

釧路は、これから桜が咲くんだそうですよ。
寒いんだなぁ。

由紀子先生はアイスホッケーの母なんだそうで。寒いそうです。汗 ですよね。

 

 

長枝さゆり先生、ブログ記事ありがとうございます!http://nagayuri.blog.fc2.com/blog-entry-436.html

遠藤蓉子先生セミナー

たくさんの教材を出していらっしゃる遠藤蓉子先生が中山にいらしたのでお話を聞いてきました。

声が高くて、テンションも高い遠藤先生。 パワフルです‼︎‼︎

数十種類の教材の使い方チャートも配られましたが、多すぎて完全には把握できていません。

この日のテキストは、絵描き歌を取り入れたワークと、音感をつける歌の本。このあたりのワークやお歌など、3.4歳でピアノを30分も弾けずに時間が余ってしまう生徒さんのための教材は、必ず押さえておきたいところです。

生徒さんの低年齢化、きちんと座れない生徒さん、歌えない生徒さん増加の傾向は今後も続くと思いますので。

 

おんぷのおえかきワークブック 1 (えかきうたつき)

おんぷのおえかきワークブック 1 (えかきうたつき)

 
たのしいな 幼児のうたと音感 1  遠藤蓉子・編著

たのしいな 幼児のうたと音感 1 遠藤蓉子・編著

 

 

 

出版記念交流会

22日発売の「ピアノ教本ガイドブック」の取材、執筆にあたりましては、出版関係者のみなさま、現場のピアノの先生方、たくさんの方々のご協力をいただき、ほんとうに感謝しています。

ささやかに出版記念ランチ会を企画したところ、朝の部のご希望をいただきまして。

いろいろ考えた末に、5月30日火曜日、副島智子先生の茗荷谷駅前(東京都文京区)のスタジオをお借りして交流会を行うことにしました。

「ピアノ教本ガイドブック」を購入、持参いただく方はどなたでも申し込みできます。一般枠はあと10名くらい大丈夫です。

「ピアノ教本ガイドブック」出版記念 交流会
場所:交流会(午前)
文京区・茗荷谷ファンミュージックスタジオ(茗荷谷駅前)
参加費 3000円程度の予定
時間:交流会10時~11時45分

山本の挨拶兼レクチャー「3年間の取材・執筆を振り返る」
サイン会しつつ交流会

本は、5月22日発売です。
事前に購入、ご持参ください。

終了後のランチ会も希望なら参加いただけます。

 

こちらからお申し込み下さい。

 https://mimeyama.jimdo.com/お問合せ-mail/

 

ピアノ指導者のためのピアノ教本ガイド

ピアノ指導者のためのピアノ教本ガイド