読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽センスを伸ばしたい!

音楽ライター山本美芽による、ピアノレッスンに関する取材日記です。

セミナースケジュールはこちらです。 山本美芽オフィシャルサイト

ありがとうの言葉もなく


大繁盛教室の先生は、ピアノの先生を雇っていらっしゃいます。でも、先生を見つけるのはとても大変だそうで、ご苦労が多いそうです。こんなお話を聞きました。

 


生徒さんが増えすぎて忙しいので、ピアノの先生をネットで募集しました。


時給2000円、車通勤可、一人からでも来てくださるかた
音大卒業もしくはそれレベルのスキルのあるかた
子供が好きで教えるのが好きな方交通費の支給はありません


1日で二人問い合わせがあり、来てもらいました。
ところが二人ともお会いして話もしたけど、あれじゃ生徒は集まらないのではと、うちも遠慮しておきました。正直、この仕事はいくらやりたくても向き不向きがあると思います。

最初のおひとりは一人は上から下までファストファッションの清潔感のない服装でした。化粧っけもなく、眼鏡をかけた30代半ば。
親元で暮らしておられる独身。ピアノは5人生徒がいるそうです。
ネットしようにもパソコンを買うお金もなく、勉強したくてもできない状況だそうです。本も多分昔からの教えられた本を教えておられるんでしょうね。
この方はコミュニケーション能力はありましたが、貧困を理由にしてあれができない、これができないと言っている方はからは何も生まれないと判断しました。

もう一人は、古楽器を勉強するためにヨーロッパに留学、10年間勉強して帰ってきましたとのこと。ホームページは立派なのを作っておられる。そしてお月謝の設定は1万円。
どこにもピアノの写真はない。
「あのね、お月謝一万っていうのは、コンクールにばんばん入賞させる、すごい先生の価格設定なのよ」
というと、
「ヨーロッパに留学行っていましたけど、これは高いんですか?」
とおっしゃるのです。
留学したことだけをお月謝を高くするネタにしてる。
そこに問題がある 社会のニーズを研究しようと思っていない。
そして、笑顔がない。
私がはっきり教えて差し上げてるのに、ありがとうの言葉もなく、去って行かれました。
どちらの方も、向いてないと判断しました。

*************

ピアノの先生は教育者なんですが、公務員ではなく公立学校の教員でもなく、人気商売でもあるのが現状です。専門的な知識に加えて、サービス・接客業的な、高いコミュニケーションスキルが求められます。
どんなに専門知識があっても、コミュニケーションスキルが足りないと、生徒さんを集めるのは難しいです。コミュニケーションスキルについては、私も随分セミナーや個別指導でお手伝いしてきました。私もまだまだ反省すべきことが沢山あります。ちょっと気を付けるだけで、コミュニケーションってすごくうまくいく場合もありますね。