読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽センスを伸ばしたい!

音楽ライター山本美芽による、ピアノレッスンに関する取材日記です。

セミナースケジュールはこちらです。 山本美芽オフィシャルサイト

心地よい現代国語の授業?

中西美江先生が奈良ライティングセミナーのご感想をブログ記事に書いてくださいました。

 

鋭い観察! 素晴らしいです。

 

「美芽先生のワークは本の帯に注目、どこの文章から、なぜこの文章が選ばれたのか?
を受講者全員で音読・・・ それぞれが読んだ感想など、何が言いたいかを考える
まるで、現代国語の授業みたいなんだけど・・・

それがなんとも心地いい・・・ 何が言いたいのか必死に探る時間・・・
答えは一つじゃないという事も再認識、
同じものを指しているのだけれど、参加者それぞれの言葉で表現が微妙に変わる・・・
これもとっても大事な事として今回再認識」

 

 なんか文章スッキリしたなと思っていたら、

書いたあと、読み返すようになったんですって!

すごい効果‼︎ 良かった良かった。

 

 

羊と鋼の森

羊と鋼の森

 

 

 

中西先生は、奈良名物「空気ケーキ」をセミナーの朝、用意するため、開店前にタクシー飛ばして買いに走ってくださいました。

f:id:mimeyama:20161108183349j:imagef:id:mimeyama:20161108182855j:imagef:id:mimeyama:20161108183439j:image

おやつの時間が盛り上がり、最後に学習指導要領を読む馬力を補給でき、

 

このケーキで、「奈良までセミナーに来て良かった! 」という満足度が向上したことはいうまでもありません!

 

ホスピタリティ素晴らしいです。

 

 

 

 

http://www.pocoapoco-piano.com/fellowship/ライティング講座で勉強した事。学んだ事。考え.html

 

 

保護者から軽く見られている気がする」そんなお悩みありませんか? 今や必須となったブログやホームページでの情報発信も、内容によっては、指導者としての品格を下げてしまうこともあるのです。

 指導力に見合った月謝の価格設定も、円滑な教室運営にとって大切なもの。これから検討している先生方も多いことでしょう。
 生徒から軽く見られずに、指導力に合った月謝の価格設定をしていくためは、親しみやすさと、講師としての品格を両立させる「ブランディング」が大切です。
 セミナーでは、受講者から提出された原稿の添削や、月謝値上げに成功したピアノ教室のお手紙の実例を通して、講師として望ましいプロフィールやブログ記事の書き方を具体的に学びます。
 定員10人、プロライターから直接の添削も受けられる貴重なセミナーです。
 

2016年12月9日 東京国際フォーラムG606 9:45-11:45
受講料:早期割引 10月31日まで 5000円
11月1日以降 6000円
12月2日まで、キャンセルの場合全額返金します。
それ以降は動画と山本の電話による補講となり、返金はありません。
定員:10名
*申し込み後、添削希望の文章(800字以内)をひとり1本、講師に提出できます。
 当日、具体例としてセミナー時間中に添削が受けられます。
 当日時間が足りなかった場合は後日メールにより講師が添削を入れてお返しします。

 

http://mimeyama.jimdo.com/mail/

お申し込みはこちらからどうぞ。