読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽センスを伸ばしたい!

音楽ライター山本美芽による、ピアノレッスンに関する取材日記です。

セミナースケジュールはこちらです。 山本美芽オフィシャルサイト

たのしいバロック たかさき ひきあいセミナー

ひきあいセミナー

 

高崎まで、たのしいバロックのひきあいセミナー講師に伺いました。

 

 

f:id:mimeyama:20161027125721j:imagef:id:mimeyama:20161027125729j:imagef:id:mimeyama:20161027125729j:imagef:id:mimeyama:20161027125733j:image

 

依田智恵子先生のご感想

 

ドキドキしながらの2回目の参加。
宿題は「たのしいバロックアルバム」(教育芸術社)より任意の数曲。
子供向けのわかりやすい解説と大きな音符(これ大事。)
いかつくて 高尚なバロックのイメージをまるっと払拭してくれる文字通り「たのしい」小曲集。美しい!可愛い!かっこいい!

ひとりひとりの演奏や連弾のほか、美芽先生にバロックの成り立ちや指導の必要性をていねいに教えていただき、そして 鍵盤ハーモニカでポリフォニーのアンサンブルをしながらアーティキュレーションの工夫を体験しました。

舞曲はバンド演奏よね、変奏曲はジャズに通じるよね、この「萌えポイント」がたまらない!、と美芽先生の語録ひとつひとつにガッテン!ガッテン!😌
もともと好きだったバロックですが なんだか
あちらから近づいてきてくれたようで。
この楽しさを 早速子供たちに伝えたい、伝えられるように勉強しよう と決意。

こわいけれど 一歩踏み出すと景色がひらける、
新しい出逢いや学びがまだまだあるなぁ と 素敵な先生方とランチをいただきながらしみじみ😌
美芽先生、八高線ではるばる、本当にありがとうございました♪

 

 

主催してくださった、長岡由利子先生のご感想

 

今日はバロック時代を堪能できました。
やらないといけない…とは思っていてもなかなか四期をレッスンに組み込むのは、子供に負担だったり実力的に追いつかない子もいます。
そんな中、レッスンに楽しくバロックを取り入れてしまおうと、リズムアンサンブルを組み込んだバロック導入法から、初心者に向けた選曲の仕方、発表会に映える曲、大人の生徒に使える曲、また「たのしいバロックアルバム」の他の教本も紹介していただきながら、美芽先生マジックを伝授していただきました。

たくさん連弾曲があるのも魅力的でした。

私たち昭和生れには、幼少時のレッスンではバロックを学ぶことは少なかったですが、なんて音楽的に魅力的で、また聴いていて心地良く素晴らしい曲ばかりなのかと指導者になって再確認できました。
もっと世の中に出てほしい。もっともっとバロックの音楽を知って頂きたいと思いました。

何となく敬遠しがちだったバロック時代と仲良くなれそうです。
今日は素晴らしい学びをありがとうございました!

 

たのしいバロックアルバム

たのしいバロックアルバム

 

 

 

次回たかさきのひきあいは、来年に、バルトークミクロコスモスになりそうです‼︎