読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽センスを伸ばしたい!

音楽ライター山本美芽による、ピアノレッスンに関する取材日記です。

セミナースケジュールはこちらです。 山本美芽オフィシャルサイト

一目瞭然でも気にしない

「りんごは赤じゃない 」に出てくる風っ子展。市内の小中学校生徒作品が公園に展示されます。我が家はちょうど息子、娘、両方、出してもらえる学年でした。

 

f:id:mimeyama:20161025074839j:imagef:id:mimeyama:20161025074848j:imagef:id:mimeyama:20161025074853j:image

 

 

 

 

りんごは赤じゃない―正しいプライドの育て方 (新潮文庫)

りんごは赤じゃない―正しいプライドの育て方 (新潮文庫)

 

 



 

これは生徒が主役だけど、並べたら指導力の差が一目瞭然の厳しい場所。

 

先生たちの勉強の場なんですよね。

 

果物のレプリカがありました。太田先生の生徒さんの作品とは色づかいが違うのでびっくり。絵の具から出した赤をそのまま塗ったりんご。

普通はこんなものなのかな。

 

 

風っ子展は、ピアノでいえばステップみたいなものかな。

 

ほかの先生、ほかの学校の様子を見て勉強する場は、先生と生徒みんなにとって大切だと思います。かなりもう長く続いているんです。

 

子どもの作品を並べて、見ごたえのあるものにするっていうのは大変なことだとおもうんですが、展示のしかたや、題材の選び方も含めて、見栄えのするものや創造性をどう引き出すのか、よく研究してるなと思う展示もたくさんありました。

 

 きっとこれまで先生方が「どうしたもんじゃろうのう」と思いながら題材を選び、指導し、作らせて、展示して、他の学校と並べて自分の学校を見て「こうすればよかったかなぁ」「あれ使えるな」「うちもこうすればよかった」「うちのこういうところはけっこうよかった」など反省したりアイデアを得たり、そうした毎年の積み重ねが長い間続いてきたから、これだけのものが出せるのだろうなと、見ながら思いました。

 

力が一目瞭然で嫌だなと思うのは自然なことだけど、あまり気にしないでガンガン外に出たほうが、うまくなるでしょうね。

 

指導者のためのライティングセミナー
~月謝値上げに備える教室ブランディング

「保護者から軽く見られている気がする」そんなお悩みありませんか? 今や必須となったブログやホームページでの情報発信も、内容によっては、指導者としての品格を下げてしまうこともあるのです。
 指導力に見合った月謝の価格設定も、円滑な教室運営にとって大切なもの。これから検討している先生方も多いことでしょう。
 生徒から軽く見られずに、指導力に合った月謝の価格設定をしていくためは、親しみやすさと、講師としての品格を両立させる「ブランディング」が大切です。
 セミナーでは、受講者から提出された原稿の添削や、月謝値上げに成功したピアノ教室のお手紙の実例を通して、講師として望ましいプロフィールやブログ記事の書き方を具体的に学びます。
 定員10人、プロライターから直接の添削も受けられる貴重なセミナーです。
 

2016年12月9日 東京国際フォーラムG606 9:45-11:45
受講料:早期割引 10月31日まで 5000円
11月1日以降 6000円
12月2日まで、キャンセルの場合全額返金します。
それ以降は動画と山本の電話による補講となり、返金はありません。
定員:10名
*申し込み後、添削希望の文章(800字以内)をひとり1本、講師に提出できます。
 当日、具体例としてセミナー時間中に添削が受けられます。
 当日時間が足りなかった場合は後日メールにより講師が添削を入れてお返しします。

お申し込みはこちらからどうぞ。

 http://mimeyama.jimdo.com/mail/ より12月9日受講希望と書いてご連絡ください。