読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽センスを伸ばしたい!

音楽ライター山本美芽による、ピアノレッスンに関する取材日記です。

セミナースケジュールはこちらです。 山本美芽オフィシャルサイト

合唱の伴奏が気になる

合唱伴奏

昨日、小曽根さんが出ていた八王子のオリンパスホール。今日は娘の中学校の合唱祭で、聴きに行きました。f:id:mimeyama:20161003130601j:image

うちの娘はとっくにピアノをやめてしまっているので伴奏にも指揮にも出ないし、気楽なものです。お子さんが伴奏や指揮のお母さん、うらやましいなぁ。

 

中学校ぐらいになると、ステージに出て一生懸命やってるだけで可愛いというレベルではなく、ある程度技術的なことを頑張って、何かを表現しようとしていますね。

昔、中学校で音楽の先生していたので、この感じ、懐かしい。

 

歌もですが、ピアノ伴奏が気になりました。

みんな頑張っていて、危なげなくきちんと弾いていて立派でした。なかには、おっ、と思わせる音を出していた生徒さんも。

しかし、いまどきの合唱曲は、ハーモニーの変化がめまぐるしく、ピアノは和声感を支えてビートもしっかり出さないといけない。

ハーモニーの感じ方やリズムを歌と合わせたり、気持ちよく聞こえる響きのバランス、音質、ダイナミクス、なにより拍子感、、いや〜やることたくさん。

クラシックのソロ曲を漠然と弾くだけでは、なかなか身につかないスキルが必要になります。

どのへんの教材をやっておくと合唱伴奏に対応できるのか、早急に研究しなければと思いました。