読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽センスを伸ばしたい!

音楽ライター山本美芽による、ピアノレッスンに関する取材日記です。

セミナースケジュールはこちらです。 山本美芽オフィシャルサイト

7月14日橋本ライティングセミナー「セミナーレポートの書き方」 


7月に地元の神奈川県相模原市、橋本のセミナールームでライティングセミナーを行います。
7月以降のライティングセミナーはこちらでの自主開催で進めていく予定です。
第1回から参加できるチャンス。是非どうぞ。


「ムジカノーヴァ」 で執筆中の音楽ライター山本美芽から指導が受けられる
 指導者のためのライティングセミナー  セミナーレポートの書き方〜要約力をつける   



インターネット時代、個人教室においては、


「お便り」「お知らせ」「発表会プログラム」
「チラシ」「プロフィール」「教室ブログ」

など、文章での発信力が、
保護者や生徒さんとの良好なコミュニケーションを
行うために、大きな力になります。



 正確にわかりやすく伝える。 
 言いにくいことも爽やかに伝える。
 読者に信頼を持ってもらう。



 文章を書くために必要な力はいくつもあります。

 なかでも今回は、「わかりやすく伝える」ための基礎となる

[要約力]をつける練習を、

セミナーレポートの書き方とあわせて行います。




【講師プロフィール】山本美芽 やまもと・みめ 

東京学芸大学大学院教育学研究科卒業。
音楽ライターとして17年間にわたり、
国内・海外のトップアーティスト100人以上に取材、
専門誌に寄稿。執筆と並行してピアノ講師として指導歴15年。
2013年よりピアノ指導者へセミナーを行う。
現在ピアノ音楽誌「ムジカノーヴァ」において、
指導者のための「ライティングセミナー」を連載中。
メールマガジン「音楽センスを伸ばしたい!」発行中。







「文章には、自分の頭の中がさらけ出るんです」
思わずドキリとした。

「書くことで、自分の頭の中を点検できます」

浮かんでいる言葉を、文字として書き起こすと、
思考が目に見える形として姿を現す。

形となったものを見て、目を覆いたくなる
気分になるかもしれないが、何のために、
さらけ出すのかを心得ておきたい。

目的は、頭の良し悪しを判定することではない。
自分の教室や指導方針などを、求めている人々に
わかりやすく届けるためだ。

(緒方ヤヨイ先生 ライティングセミナー
「セミナーレポートの書き方」の回、取材レポートより)






【場所】杜のホールはしもと セミナールーム1
 252−0146 相模原市橋本3−28−1 
 ミウィ橋本8F 042−774−3811
 京王線横浜線・相模線「橋本駅」北口すぐ


日程:2014年7月14日(月)  
時間:9:45〜11:45 
自由参加ランチ懇親会1時まで 
受講料:3500円 事前振込み 当日4000円

ミウィ橋本
http://www.mewe.jp/content/view/105/106/




申し込み・お問い合わせ:mimeyama@gmail.com
またはこちらのメールフォーム↓より
http://homepage1.nifty.com/mimetty/mail.html

お名前   
ご住所
お電話                     
メールアドレス    
ランチ 希望する・ しない
              

以上をご記入の上お申し込みください。

びっちりお話しして、机をまわってお悩みポイントを個別指導して
最後に提出したセミナーレポートには赤入れびっしりして返送します。
是非お気軽にいらしてください!!!