読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽センスを伸ばしたい!

音楽ライター山本美芽による、ピアノレッスンに関する取材日記です。

セミナースケジュールはこちらです。 山本美芽オフィシャルサイト

秋葉原スタジオセミナーのご報告

「自分の音、聴いてる?」第2章についてのスタジオセミナー終わりました。千葉から大西由佳先生、九州から吉田知佳先生がご参加!

楽譜に書けないことは何か、たくさんの音源を聴いたりディスカッションをしたりしながら考えていきました。

大量のCDを聴いてから、後藤ミカ先生の 素直にはずんでカーニバル を弾き、私の選んだサンバのCDを聴きながら何度もあわせ、楽譜にないニュアンスの構築にチャレンジしました。

ご参加の先生が、ブログでさっそくご紹介くださいました。

吉田知佳先生 
http://tomokapiano.blog.fc2.com/blog-entry-272.html
「動と閃きと発見がいっぱい♪
わたしの中に、進化のタネをたくさん蒔いていただきました!!
これからの自分の演奏がどう変わるのか楽しみでたまりません」

大西由加先生

http://yucaliek.blog.fc2.com/blog-entry-125.html
「今回、気づいたことは"楽譜に書いていないこと"はものすごく沢山あるのだということ。サンバやボサノバなど、普段なかなか聴くことのないジャンルの曲を演奏する時に"こんな感じ!!"というヒントを得るために、CDを聴くのは"音色"に良い影響が出るのかも知れない! と、感じました」

終了後はスタジオの隣にあるスペインバルでランチ。1000円でデザートとコーヒーまでついていたので、2時までと思っていたら2時半まで粘っちゃいました。



5月16日(金)のスタジオセミナーは「自分の音、聴いてる?」第3章を扱います。
右手と左手、どっちも両方聴くのって、本当に可能だと思いますか?

厳格なカノンになっているバッハのインヴェンションの2番をひとり1声ずつ弾きながら(ピアニカで吹くのもあり)アンサンブルして、果たしてひとりで弾いているときとどう違うのか、みんなで実験してみたいと思っています。はたして本当に両声部聴くのは、可能なんでしょうか!?

詳細・お申し込みはこちらです。
http://d.hatena.ne.jp/mimeyama+writer/20140313/1394760504