読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽センスを伸ばしたい!

音楽ライター山本美芽による、ピアノレッスンに関する取材日記です。

セミナースケジュールはこちらです。 山本美芽オフィシャルサイト

あけましておめでとうございます!
冬休みは帰省などで終わってしまい、練習をほとんどしないまま新学期になりました。
 
ここ数日で必死に付け焼刃して、今日は私が多喜先生のところに、自分のレッスンで午前中行ってきました。フォーレの「ドリー」の1曲目を連弾していただきました。よく考えたら先生と連弾するのは初めてです。ふわっとした音の優雅な流れ、おおおおおこれが! 先生の音楽なんだ!!! ちょっと、いやかなり、感動。音の鳴らしかた、タッチのスピード、鍵盤を離すタイミング、なんかいろんなことがすぐそばで伝わってきます。これから連弾曲を持っていって先生に連弾してもらっちゃおうっと。それと、3月にホームコンサートをする予定なので、そのとき用に、去年さらったラヴェルソナチネの1楽章。きれいなメロディの動きが案外できてないです。手の都合でドスンとなっている箇所があちこちに(爆)これをきれいにしないと。

そして、今年の室内楽クラスの曲、先生と相談して、ドビュッシーのトリオに申し込むことにしました。すっごい素敵なんですけど!? フランス物は自分のベースなかんじで大好きだし。でも、中級クラスですよ。いいんですか? 「やってみたら?」と先生の許可(!?)が。きゃ〜3年目にして!!! 速攻で楽譜を注文しました。きゃ〜(←うかれモード)。


これが午前中。その後、夕方には幼稚園年長の息子を連れて、再度、多喜先生のレッスンへ。最近、この1日2往復っていうのがわりと多いですね。私が編曲した「宇宙戦艦ヤマト」をまたしても聞いていただきました。ぱっと聞いただけでは遅々として上達していない、変化がないように感じるけれど、テンポが安定してきたし音がしっかりしてきたのがわかります。昔だったら、全然うまくなっていない! って怒ってたかもしれない…我ながら観察力、いや、聴く力がついたかも(爆)南大沢ステップでは私と息子でこの「宇宙戦艦ヤマト」を連弾します。気づけばもうすぐです!