読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽センスを伸ばしたい!

音楽ライター山本美芽による、ピアノレッスンに関する取材日記です。

セミナースケジュールはこちらです。 山本美芽オフィシャルサイト

ピアノの自宅練習、親はどんな声かけをするべきか?

自分の子どもをうちで練習させていると、違う音、違う指使いなどについて
「あー、そこ違う」と、いちいち指摘したくなります。

間違って覚えられたら困るので。

間違って覚えないほうがいいんです。

それはそうなんですが、そうやって横から口出しばかりされていると、すっごくイライラするのは大人でも同じです。

どうしたらいいんでしょう。

愛知県のピアノ講師、安藤敦子先生にインタビューさせていただいたたとき、
結果はさておき、「10回やったの」と、まずは練習したんだね〜と、がんばりを認める
ところから始めるのだというお話をしていただきました。

できない部分だけにフォーカスしていると、できる部分が見えなくなってきます。

できている部分がこーんなにあって、できない部分のほうが少ないはずなのに。

練習とは、レベルアップを狙うとは、できない部分をできるようにするものなので、できない部分にばかり注意がいってしまいますが、でも、そればかりだとなんだか嫌気がさしてしまうのが人間ですからね。

さらにくわしくは、安藤敦子先生のブログ記事をご覧ください。