読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽センスを伸ばしたい!

音楽ライター山本美芽による、ピアノレッスンに関する取材日記です。

セミナースケジュールはこちらです。 山本美芽オフィシャルサイト

昼神温泉「ホテル阿智川」で、金子美勇士さんのピアノを聴く


連休もようやく終わりましたね!

私はあちこち出かけて、ネタをいろいろ拾ってまいりました。

今日は、南信州の「昼神温泉」で泊まったホテルで、ピアノのコンサートを
聴けた話です。

昨年たまたま出かけて知った、南信州阿智村にある「昼神温泉」。

南アルプスの残雪に、山のなかの温泉、すばらしい水がはぐくんだ山菜や
野菜…そして、渓流沿いに咲き乱れる色あざやかな花桃

昨年ものすごくよかったので、また今年も出かけちゃいました。

探した宿泊先が「ホテル阿智川」。

そこそこきれいなホテルでしたので、宿にうるさい夫もOK。
いちばん安い「わけありプラン」で泊まりました。

すると、このホテル、毎週土曜日にはロビーでピアノのリサイタルをしていて、
ゴールデンウィーク中は、毎日公演があるんだそうです。

わたしが泊まった日は、山田章代さんが出演。
ショパンのワルツやノクターンなどを演奏していました。

昼神温泉って、どうも名古屋圏なんですよね。

名古屋圏っぽい豪華ひろびろロビーに、ヤマハのフルコンが鎮座しており、コンサートの
時間が近づくと、ロビーのソファを全部フルコンのほうに向きをかえて、
ロビーに面した売店も営業終了で照明を落として、
ロビーの入り口には、「演奏中なのでお静かに」と立て札が。

まさか温泉でピアノが聴けるとは期待していませんでしたが、
一応いってみた感想としては、けっこうよかったです。

楽屋もないし、ピアノはいいけれど、音響もロビーなので、うーむ厳しい
といえば厳しいですが、夕飯でごちそうをいただいたあとに、

こうしてゆっくりエンタテインメントの時間があるというのは、なんだか
アメリカにいたころ、カリブ海やアラスカのクルーズ船で、ディナーのあとに
必ずショーを劇場で見たり、ピアノバーで演奏を聴いたりしていたのと
似ている気がして、優雅な時間が過ごせました。

場所柄もあるし、お客さんも一般の方ですので、リサイタルなどとは
比べるのはフェアじゃないですね。もっと音響のいい会場で聴いて
みたい気もしました。

翌日の出演者である金子美勇士さんが、前のりで宿に泊まっていたらしく
客席から飛び入りで、1曲「ラ・カンパネラ」を演奏してくれました。

非常にふつうのグレーのパーカに、ジーンズにスニーカーという普段着、
リハもなしの飛び入りで、…すごい、と、ちょっと驚きましたね。

ちょっとだけ音をはずしていらっしゃったので、ほっとしてしまった
…意地悪くてすみません。

金子さんのプロフィール見ていたら、まだ、東京音大の大学院在学中
なんですね。若いなぁ。

翌日チェックアウトして、宿のまわりの渓流や朝市など、1時間ほど
散策して、車をとりにホテルに戻り、手を洗いにロビーを通ると、

なーんと、フルコンのふたをあけて、金子さんが思いっきり練習中!!!!
どんな練習してるのかしら!!??


よくわかりませんでしたが、リストの曲の三度ハモリの音階みたいな
のを、何度も取り出し練習していました。

おおお、指まわって響いていて、素敵〜!!!! おみごと!!

こういうロビーみたいな場所だと、リストの派手な曲、
「おおっ」と注意をひきつけるのには、うってつけですね。

いつまでも見ているわけにはいかないので、そこそこに退散しましたが


やっぱり旬の人って輝いてますね。
近くで聴けてラッキー!


私もリストの曲なにか練習してみようかなぁ。


と、オフなはずなのに、頭の中は、すっかりピアノモードになっており
ました(爆)

ということで、ホテル阿智川、なかなかよかったです。
車じゃないとちょっと不便な場所なんですけれどね。
金子さんの演奏も、ホテルのページにアップされていました。
http://www.hotel-achigawa.jp/concert.html

温泉旅館で、ロビーにピアノを置いて、夜、8時からは、コンサート、
なんかとっても、日本っぽくて、地に足のついた楽しみ方で、
すごくいいなと感じました。

これがジャズのピアノトリオが聴ける旅館とか、
室内楽が聴ける旅館とか、

あったらいいですね〜。