読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽センスを伸ばしたい!

音楽ライター山本美芽による、ピアノレッスンに関する取材日記です。

セミナースケジュールはこちらです。 山本美芽オフィシャルサイト

春休み明け、自分のレッスンに行く

久しぶりに、ピアノを師事している多喜靖美先生のレッスンに行ってきました。

いちおう毎月2回レッスンに通っているのですが、春休み中は、レッスンを入れて
いなかったんですね。春休みが終わって、初のレッスン。

ドビュッシーの「水の反映」と、ハイドンのピアノトリオを持っていきました。

がび〜ん・・・・撃沈。

いつも撃沈ばかりのような・・・

3月には弾けていたところが弾けなくなっている!?

この曲、ピアニッシモのなかで、弱いけどよく聴こえるメロディー、さらに弱い
伴奏など、弱いなかでの3段階ぐらいのラインの引き分けが必要なところが
いっぱいあって、

先生宅のベーゼンドルファーちゃん。素晴らしい音がするのですが、

ちょっと動きが大きめの私のタッチに、びんびんと鳴ってくれて

楽譜ではピアニッシモなんだけど・・・メゾフォルテで鳴ってません?????(爆)

その他できないところだらけで、しょぼ〜んとしてきました。

「どんどん下手になってる気がするんですけど・・・」と

ぐちる私に、先生は、

「ううん、前よりは良くなっているわよ。お掃除でも、やればやるほど、
それまで気にならなかった汚れが気になって、やってもやってもおわらない
って思うでしょ。それと同じよ」

と、励ましてくださいました。

確かに。

掃除をしないときは、汚れていることに気づきもしないことが多いですから。

弾けば弾くほど下手になっていく感覚は、ちゃんと前に進んでいる証拠なのかな。

頭では分かっているけれど、下手になっていく手ごたえがあまりにもしっかりして

いるので、こうした先生のアドバイスは、ありがたいです。

曲はとっても素敵だし、だいたい暗譜できたんですが、うううう・・・・

実用版 ドビュッシーピアノ作品全集 7 映像 第1集、第2集

実用版 ドビュッシーピアノ作品全集 7 映像 第1集、第2集

ドビュッシー:前奏曲集 第1巻、映像第1集、第2集

ドビュッシー:前奏曲集 第1巻、映像第1集、第2集