読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽センスを伸ばしたい!

音楽ライター山本美芽による、ピアノレッスンに関する取材日記です。

セミナースケジュールはこちらです。 山本美芽オフィシャルサイト

ピアノの先生向け、ライティングレッスン始めます

ライティングレッスン

たくさんのピアノの先生が、教室だよりや、ブログを執筆される時代になりました。

教室だよりを書いているけれど、誰にも直してもらうチャンスがなくて、これでいいのか心配。

ブログを書いているけれど、自分の文章に満足できない。

もっと深みのある文章がかけるようになりたい。

セミナーにはたくさん行ったけど、結局、自分は何を深めていけば良いのか、よくわからない、

自分ならではの個性を打ち出すブログの書き方がわからない。

そんなお悩みを抱える方、ご自分の持ち味を再発見しつつ、新たな視点を得てみませんか。

<レッスン概要> 

 ブログや単行本などで、音楽や音楽教育についての文章を執筆している方。

 ブログ記事6ヶ月分程度、または単行本の下書き原稿30枚程度を拝見し、
 原稿用紙6枚程度をピックアップして、メールで返信、または赤ペンで添削して郵送します。

  後日、1時間の電話セッションで、どこをどうしたらよいか、よいところ
と改善点、具体的な文体の問題や視点の持ち方、勉強の仕方など、助言いたします。

<料金>

  原稿拝読・添削郵送・1時間電話セッション 15000円
  
  添削のみ・セッションのみでも可能です。

  *添削のみ(原稿用紙6枚程度)5000円
  *セッションのみ(1時間)10000円


<申し込み>

mimeyama@gmail.com まで、まず、メールでご連絡ください。


以下4点をお書き添えください。

 1 住所氏名、電話番号、メールアドレス
2 簡単な自己紹介
 3 読んでほしいブログのアドレス、または原稿があれば添付ファイル
 4 文章についてのお悩み

 こちらからの折り返しメールにて、お悩みについての確認や、スケジュールのご相談から はじめていきます。セッションに向けて、メールで、宿題を出す場合もございます。

 費用は銀行振り込みいただき、入金が確認でき次第、添削に入ります。
 振込先は、こちらからお送りします。

 私自身、文章を書くスキルは、編集者からの赤入れ、添削によって学んだ 部分が一番大きいと痛感しています。赤入れと、なぜ赤が入るのかについての
ディスカッションは、文章力を向上させるための基本的プロセスです。

 ご依頼、お待ちしております!