読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽センスを伸ばしたい!

音楽ライター山本美芽による、ピアノレッスンに関する取材日記です。

セミナースケジュールはこちらです。 山本美芽オフィシャルサイト

リーラムジカスペシャルセミナー@江崎光世先生

前回講師をつとめさせていただいた藤拓弘先生の「リーラムジカスペシャルセミナー」、第4回は、ピアノ教育界の重鎮、江崎光世先生が講師。私はムジカノーヴァの取材でお伺いしました。

講師歴10年未満の先生方を対象ということで、会場は非常に若い熱気に満ち溢れておりました。もちろん出産後に講師をはじめた先生なんかの場合は私と同世代でしたので、少々ほっとしてましたが。

詳しくはムジカノーヴァのレポートでまとめますのでそちらをご覧ください。

テーマは連弾ということで、江崎先生の生徒さんの演奏のDVDを拝見しましたが、ほんっとに音がきれいでタイム感がよくて…連弾で耳を育てるとこういう演奏ができるようになるのか…。と、実は私は10年ほど前に取材で江崎先生のご自宅にうかがったことがあり、そのときにすでに衝撃を受けていたので、それほどでもなかったんですが、若い講師の先生方には、そうとうショッキングだったようでした。

江崎先生はピティナでのご活躍が多いかと思います。
でもこの日のセミナーでは、コンクールに生徒を出していると手を上げた先生は、1人ぐらいでした。

ピティナの活動は素晴らしいし、コンペをやれば伸びるだろう、すごい仕組みだと心から思います。いっぽうで、コンクールなんてとんでもない、のんびりやりたい、そのなかでいい音楽をしたい、という生徒さんも先生たちもたくさんいるはずです。私なども、うちの娘とコンペに挑戦すれば上手になるのでしょうが、とてもそんな気力はなし! だいだい娘もそんなにやる気がないし。

そういうふうに考えていったとき、江崎先生の素晴らしいご経験や指導法が、ピティナはやらないという先生たちにまだまだ普及しきれていないのかな、と思います。もったいないことです。今回のセミナーは、その部分に橋がかかった貴重な機会だったのでは。

私自身、江崎先生には取材でもうかがっているし、お話をいろんな場所でも読んでいますが、やはり新しい発見がありました。実際に連弾の指導をされているのを見たのは初めてでしたしね。

藤先生の企画力の素晴らしさに改めて感謝したいと思います。

プリモちゃんとセコンドくんの ステップアップ ピアノ連弾 (1)

プリモちゃんとセコンドくんの ステップアップ ピアノ連弾 (1)

プリモちゃんとセコンドくんの ステップアップ ピアノ連弾 (2)

プリモちゃんとセコンドくんの ステップアップ ピアノ連弾 (2)

ピアノ学習者のための室内楽導入シリーズ 新版ピアノ独奏曲をピアノ三重奏で 1

ピアノ学習者のための室内楽導入シリーズ 新版ピアノ独奏曲をピアノ三重奏で 1

ピアノ学習者のための室内楽導入シリーズ   新版 ピアノ独奏曲をピアノ三重奏で(2)

ピアノ学習者のための室内楽導入シリーズ 新版 ピアノ独奏曲をピアノ三重奏で(2)