読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽センスを伸ばしたい!

音楽ライター山本美芽による、ピアノレッスンに関する取材日記です。

セミナースケジュールはこちらです。 山本美芽オフィシャルサイト

無料演奏がそこらじゅうで行われていたワイキキ

ついに、空き家になっていた自宅に戻り、きのう冷蔵庫と炊飯器も届いて、ひかりケーブルがつながり、新しい日本での暮らしが本格的にスタートしました。12月14日にアメリカの自宅を引き払ってからおよそ半月ものあいだ、流浪の民をやっておりましたので、本当にほっとしています。

そこで思い出してメモしておかなければと思ったのが、ハワイのワイキキであちこち無料演奏が行われていたこと。

私たちが泊まったのはワイキキのエンバシー・スイートホテルというところでした。まあまあ高級ぐらいのところなんですが、週に何度か、夜に無料のハワイアンバンドのコンサートをやっているんですね。メンバーは3人、ウクレレ奏者とギタリストが弾きながら歌も歌って、ベーシストは弾くだけ。そこに時々フラダンサーがちゃんと加わって踊ってくれるんですね。かなり演奏は本格的で、普通にライブハウスでやっているような感じ。会場は朝食ブッフェを食べているところで、飲み物とおつまみが無料なので、みんな飲みながら楽しく聴いています。席を立つのも座るのも自由なので、子連れの人もたくさんいて、子どもが飽きたらいなくなるといった感じ。

そしてホテルから外に出ると、ワイキキビーチウォークという道だったんですが、ここにもちょっとした芝生広場にステージがあって、毎晩のように違うバンドが演奏していました。私が見た最初の日はハワイアンだったし、次の日はコントラバスにギターだったので、「へぇーコントラバスもありなのか」とちょっと驚き。

さらにお買い物天国のワイキキを探検しようということで、ブランドのお店がたくさんある通りに行きました。そこで3階建がてのショッピングセンターに入ると、なんとウクレレ屋さんが。1時間だったか30分だったか忘れましたが、無料体験レッスンをやっているとか。私は今回は時間がなくてできませんでしたが、面白そうー!! 無料レッスンなんか受けたら、絶対に買ってしまいそう。 

ウクレレってなによりちっちゃくて可愛いのにちゃんとした音がするのがいいですね。そうそう、ハワイアンバンドのウクレレは、ちゃんといまどきのエレキギターみたいに楽器の本体からコードがアンプにつながっていて、音量を出せるようになっていました。そうじゃないと、エレキギターと一緒に演奏したら音が消えちゃいますからね。うーん、ウクレレが欲しくなってきた。

ウクレレいいなぁ〜欲しいなぁ〜と思いながらショッピングモールを歩いて目的のラーメン屋さんに到着。これはもう日本でもおいしいほうのレベルでしょう、というお味に感激しながら食べていると、なんだか地響きを伴った太鼓の音が。何事?? 食べ終わってからまわりをきょろきょろしていると、私たちがいたのは地下1階で、吹き抜けになっている1階でなんとポリネシアン風のパーカッションアンサンブルのド迫力の演奏が繰り広げられており、お客さんも60人ぐらい集まっていました。もちろんこれも無料。ものすごい音量なのでどれだけの大人数かと思ったら、太鼓が2人で、あとは男性8人が力強い感じのフラダンスを踊っていました。太鼓はちょっと種類がわかりませんでしたが、バスドラム系の低音でドンドコ叩く人がひとりと、小太鼓系の高い音で細かいビートを叩く人がひとりという編成でした。これは面白かったなあー。

そんなわけで、2−3時間、ワイキキの繁華街を歩いただけで、もうそこらじゅうに無料演奏があふれていたのが、とても楽しめました。

私がこよなく愛するバンド、イギリスで活動中のインコグニートを率いるギタリスト、ブルーイのインタビューを読んでいたとき、彼はモーリシャス生まれなんですが、モーリシャスでの少年時代、夕方には生バンドがいつもあちこちで演奏していて、それを聴いていたのが自分にとってルーツになっている、というような話が書いてありました。

昔から、海外のリゾートでは、あたりが暗くなると、バンドというものがにぎわいやリラックスムードを作るために欠かせないものだったのかなと思いましたが、ワイキキでもそれを感じました。そういえば、マイアミに行ったときにハリウッドビーチというところに泊まったんですが、そこにもステージがあって毎晩無料コンサートがあったし、キーウエストに行ったときには、そこらじゅうに酒場があって、全部の飲み屋さんにドラムセットのある本格的なステージがあって、夕方になるとあちこちから演奏が聞こえてきましたっけ。

日本に帰って、駅前でふと手に取った青森の温泉のパンフレットを見たら、温泉旅館で「津軽三味線無料ライブ」みたいな文字があちこちに書いてあって、「へえー、なんだかハワイと同じようなことをやってるんだなあ」とちょっとうれしくなりました。

人が集まる場所でのにぎわいを演出する基本的な存在として、生演奏というのがこれまで以上に充実してきて、すごく大事になってくるんじゃないかな? 

とにかく、ハワイで聞いたいろんな生演奏、あれがあったから、夜のそぞろ歩きの楽しさが倍になっていたと思います!