読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽センスを伸ばしたい!

音楽ライター山本美芽による、ピアノレッスンに関する取材日記です。

セミナースケジュールはこちらです。 山本美芽オフィシャルサイト

Beautifullest じゃないでしょ!JUNIE.B!

親子で英語

Junie B. Jones Loves Handsome Warren (A Stepping Stone Book(TM))
Junie B. Jones Loves Handsome Warren (A Stepping Stone Book(TM))
Barbara Park,Denise Brunkus

英語のレッスンで、ミセス・ギャラントと一緒に、毎週1冊ずつジュニーBのシリーズを読むことになりました。アメリカの小学1年生で、特によく読める子はこのシリーズを読んでいます。辞書なしでも読めますが、やはり知らない単語は気になるし、いまいちよくわからない箇所があるので、それを先生と確認しました。

そこで改めて気づいたんですが、この本、困ったちゃんのジュニーBのお話で、彼女の一人称の語りの形式です。1年生は、不規則動詞にEDをつけちゃったり、スペルがおかしかったり、〜lyとつく副詞にしなければいけないところを形容詞のままだったり、文法の間違いが多いんです。

そういう1年生らしい間違いを、作者はあえてあっちこっちにたくさん入れているんです。最初はbeautifullest とあって、あれ? と思っていたのですが、ギャラント先生が、「costedってあるけれど、costは、past tense(過去形)でもcostだから、これは間違いよ」と指摘してくれて「そういえば」と気づきました。

こうした文法の誤りが満載で、ある意味、お勉強的な観点からいうと、問題のある本かも。でも、それを「何これ!へんなふうに書いてる!」ってわかると、すごーーーく面白いんですよね。

今週読んだのがこの8巻で、最後に ノックノックジョークというのが出てきます。このノックノックジョーク、英語学習者にはかなりしんどい〜。先生に解説してもらってやっとわかりました。

たとえばですね。

"Knock-knock,"
"Who's there?"
"Icy,"
"Icy who?"
"Icy London,Icy France,Icy Lucille's Underpants!"

このicyは、本当はI see London,I see France,という決まり文句があるんですが、I seeとicyの発音が同じなので、それにかけているんですね。

うーんちょっとこのへんが、なかなか厳しいんですよね〜。ま、でも、そういうことは、わかれば面白いけれど、わからないから一大事って大騒ぎするような内容でもなく、とばしても全然問題ないんだってわかってきたのも収穫です。そうそう、この本で、「どういう意味!?」って一生懸命調べたsmackという単語が、ちゅぱっと唇を鳴らす音で、ずっこけた覚えも。

どうも英語の本を読むっていうと、バートランド・ラッセルとかの難しい評論を読まされた共通一次の思い出が、どこかにあるんでしょうか、私には。こういうしょうもない「ファーストグレーダー・イングリッシュ」が、実にいま、面白く、しょうもなく、新鮮なのです。