読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽センスを伸ばしたい!

音楽ライター山本美芽による、ピアノレッスンに関する取材日記です。

セミナースケジュールはこちらです。 山本美芽オフィシャルサイト

教師を対象にした太田恵美子先生の「本気塾」

 「りんごは赤じゃない」で大変お世話になった太田恵美子先生。いまは栃木県で教師を対象にした「本気塾」という講座を開いていらっしゃいます。
その話が、朝日新聞に出たということで、太田先生からメールをいただきました。

 どこかで読めないかと思っていたら、ベネッセの「教育情報サイト」のニュースにアップされていました!!

http://benesse.jp/news/asahicom/TKY200609250216.html

 学校の先生たちが、太田先生の指導のもと、世界遺産や歴史上の人物について調べて発表されたんだそうですね。

 いつも私は思います。世界遺産だって歴史上の人物だって、別に調べたければいますぐ自分で調べればいいけれど、それがなかなかできない。それはなぜなのか?

 答えは簡単。誰だって、調べたことを「へえ〜」「そうなんだ〜」って聞いてくれる「みんな」がいないと、つまんないんです。

 料理だって、自分ひとりのために作るのより、家族がいるほうが気合いが入るし、お客さんが来るとなったら、もっと張り切っちゃう。

 聴衆、読者、お客さん、ギャラリー…とにかく、反応してくれる相手が、人間を動かすのです。

 私の場合は、誰からも言われなくても勝手にあれこれテーマを持って調べてますけれど、それは、「書けば読者の方が読んでなにか言ってくれるだろう」という確信があるからなんですね。

 学校の先生たちだって、ほかの参加者のみなさんが発表を聞いてくれると思うから、気合いが入るし、仕事の合間に必死に時間をみつけて続けられるはずです。

 集団や仲間の力というのはすごい、と痛感します。

 ところで、この太田先生のニュースが載っているベネッセの「教育情報サイト」、実は先日原稿依頼をいただきまして、ちかぢか原稿を書くことになりそうです。お仕事のご縁ができてからこちらのサイトをよく見るようになりましたが、ニュースやコラムが大変充実しており、出版業界で仕事をする立場から見ても、人手やお金をかけた質の高いサイトだと感心しています。

 主な読者対象は保護者や先生になっています。ママさんパパさんそして、ピアノの先生や学校・幼稚園・保育園の先生の方々はぜひどうぞ。

 ということで、既にお読みいただいた方も多いと思いますが、「りんごは赤じゃない」のお買い求めはこちらです。
 
 


りんごは赤じゃない―正しいプライドの育て方
りんごは赤じゃない―正しいプライドの育て方
山本 美芽