読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽センスを伸ばしたい!

音楽ライター山本美芽による、ピアノレッスンに関する取材日記です。

セミナースケジュールはこちらです。 山本美芽オフィシャルサイト

「りんごは赤じゃない」文庫3刷りに

ライター日誌

りんごは赤じゃない―正しいプライドの育て方
りんごは赤じゃない―正しいプライドの育て方
山本 美芽

さっき新潮文庫の担当編集者さんから、「りんごは赤じゃない」が3刷りになったとメールが入っていました。
「ほぼ1年ぶりの増刷です。いい本は、こういうかたちで、時間をか
けて売れていきます」
と書いていただいて、感激しました。

 むかし、文章というのは本人が作り出すものだと思っていたけれど、今はそうは思いません。もっと「写真」に近いものだと感じるようになりました。

 自分が書いたものがこうして読まれているのは、私が取材にいって知った、見た「事実」のすごさゆえなのだと。

 誰もが忙しい自分の生活があるなかで、私が代表(?)としてみなさんのかわりに太田先生の授業を見て、みなさんにわかるように文章にしておいた、その手間賃が印税なのだと。

 だから、自分の本であっても時々読み返します。あの本に書かれているのは、自分が一番知りたかったことなので。

 この前は、小学校の先生をしている読者の方から、「3人目の子どもの出産のとき、病院に持っていって読み返しました。母として教師としてのあるべき姿を再確認したくて」というメールをいただきました。

 ノンフィクションを書くには、文章がうまいことも大事ですが、それ以前に、取材に行き、何かを体験したり誰かと仲良くなって話を聞くことであり、何度書き直しが必要になってもめげないしぶとさが必要とされるのだな、と最近わかってきました。