読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽センスを伸ばしたい!

音楽ライター山本美芽による、ピアノレッスンに関する取材日記です。

セミナースケジュールはこちらです。 山本美芽オフィシャルサイト

メルマガ「音楽センスを伸ばしたい!」6月下旬より発行

なぜ6月下旬かといいますと、6月下旬には「りんごは赤じゃない」の文庫が発売になりますので、それに合わせてみました。

メルマガの創刊は、新しい本を書き進めるにあたって、どう考えても読者に読んでいただきながらのほうが、やりがいもあるし、はかどる! というのが最大の目的です。週一回ぐらいのペースで配信していきたいと思っています。内容は「音楽センスを伸ばしたい!」 という本のもとになる原稿が中心です。

音楽センスというのは、リスナーであっても演奏する側であっても、大人でも子どもでも、誰もが持っているもので、磨いて得することはあっても損することは絶対にありません。
ただ、それを磨くのにはかなりの時間がかかります。その時間を短縮し、効率化するためには、ある程度の才能、または教養、または方法論が必要になってきます。

これまで私自身、20代の半ばまではピアノは20年、声楽は10年、エレクトーンは6年、ヴァイオリンは6年、ドラムは2年、雅楽の竜笛は3年(・・・年数だけやたら長い・・・というもののほうが多いですが(笑))というように、実技レッスンに没頭してきました。そこで「どうやったら上手くなれるだろう」「どうやったら音楽センスがよくなるのだろう」と、ずっと考え続けて、ある意味あきらめた部分もありました。でも、ライターになって音楽家の方々と直接話すようになって、あきらめてきた部分の中でも、まだまだ未開拓の部分があったことに気がついたのですね。

そうしたマインド、方法論というのは、暗黙知・・・もともと感覚的な知識です。自分で楽器に取り組んで、楽しみながらも苦しんできたからこそ、音楽家の暗黙知を引き出せる立場にいる。それが私の特技ではないのか? と、最近思うようになりました。

音楽雑誌のインタビューは、まずは新譜の話になることが多く、学習者が知りたいこと、つまり「どうやったら上達できるのか? 音楽センスは良くなるのか? といった問題は、もちろん載ることもありますが、どうしてもメインになりにくいのですね。このメルマガでは、そうした「上達」「音楽センス」にかかわる暗黙知にかかわることを書く場所にしていきたいと思っています。

発行するからには本格的なものを目指そうと思いますので、目標は創刊までに読者1000人!
これから、おつきあいのある方々にはメールなどでお願いしていこうと思いますが、
とりあえず、今ご覧になっている皆様、ぜひご登録いただけないでしょうか。
当分の間は、無料で発行します。

トップページにも登録フォームがありますが、
↓以下のアドレスにタイトルなど何も書かずにメールだけ送ってくだされば(いわゆる「空(カラ)メール」)
登録ができます。

p-mimetty@f.blayn.jp

ムジカノーヴァで「ネットライフ」のコラムなんて書かせていただいているくせに、技術面はいまいちよくわかっていない点が多く申し訳ない限りです。詳しい方々に助けていただきながら、全力で整備していきたいと思いますので、なにとぞよろしくお願いいたします。