読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽センスを伸ばしたい!

音楽ライター山本美芽による、ピアノレッスンに関する取材日記です。

セミナースケジュールはこちらです。 山本美芽オフィシャルサイト

メルマガもうすぐ400号

メールマガジンを2004年からでしたが、 もう10年以上配信しております。 ブログやフェイスブックでの発信をぎゅっとまとめて お知らせとあわせてお届けしています。 きょう配信したのはこんな感じ。 あれ? 次で400号になりますね。 登録はこちらです。無料…

相対的な譜読み 3月6日 東大阪

3月5日(日)は、名古屋で1日カンヅメライティングセミナー。翌日は、大阪で教本セミナーです。 「相対的な譜読み」というのは、私が考えた用語なんです。わたしが子どもの頃は、音程っていうのは譜読みのときには関係ないもので、音大受験を控えて楽典の勉強…

黒本のマイナスワンCD

息子、宿題をやる気が起きないようなんです。 叱咤しつつ忙しくご飯を作り、私はカリカリしておりました。気持ちを切り替えようと、料理のBGMに納浩一さんのジャズ・スタンダード「黒本」に入っているマイナスワンCDをかけました。 ジャズ・スタンダード…

カワイ梅田教本セミナー

火曜日の夜に移動して、水曜日にピアノ教本セミナーです。 カワイ梅田は初めて。素敵なシゲルちゃんこと、シゲルカワイのピアノがあるんですよね。 全国各地でお話してきましたが、まだまだ行ってないところ、たくさんありますね! 「ピアノ教本、くらべてみ…

脱!ブラックな個人事業主

今週の火曜日に、やっと子どもたちの学校が始まりました。 冬休み長かったです。 江ノ島 イルキャンティのテラスから たまっていた仕事を落ち着いて片づけられるようになりました。 ほんとうにたくさんたまっていて(汗) やりはじめたら終わらず。 毎日深夜…

息子と書き初め

書き初め。習字初心者の息子を特訓して泣かせてしまった。ダメだなぁ。お習字習ってたので、わたし書き初めは来る日も来る日も練習、毎年100枚ぐらいは自主練してベストな1枚を提出してたんですが、息子は2枚以上書きたくないと。新聞紙に10枚練習させて、本…

今や立派なクラオタ、じゃなくてリスナーです

実家に弟夫婦といっしょに泊まりました。小学校5年、ブルグミュラーでピアノをやめて練習嫌いだった弟が、いま40半ばになり、2年前から突然クラシックのピアノを聴き始め。 ブレハッチやトリフォノフ、ツィメルマンがいいとか横山幸雄さんの一日中コンサート…

素直=考える力がない?

少なくとも、昭和生まれの時代には、音大に入ってピアノの先生になるには、素直に先生のいうことをきいて、いわれたことを受け入れて頑張らなくちゃとても無理だったと思います。 素直というのと、「考える」ということと、両立は、案外できるようで、ちょっ…

滋賀で教本セミナー

3月29日水曜日、滋賀、草津のロマン楽器様から教本セミナーのご依頼をいただきました。滋賀、琵琶湖、初めてです。ドキドキ。

ムジカノーヴァに教本セミナーレジュメ掲載

ムジカノーヴァ1月号に、カワイ梅田のセミナーレジュメが掲載になりました。 これまで15枚ぐらいお配りしていた教本セミナーレジュメを、編集部にまとめていただき4ページに凝縮しました。保存版です。是非ご覧ください。 ムジカノーヴァ 2017年 01 月号 [雑…

スケール左手よろしくない点

多喜先生レッスンで、スケールCDurもやり直しています。左手のスピードが上がりません。 手首が下がっている。 ひじはあげない。 小指に力が入っている。 親指がよく動いてない。 前後運動しない。 無駄な動きが多い。力を抜き、動きを最小限に。 まだまだ改…

バッハ平均律

きょうは自分のレッスンで平均律のプレリュードを2曲持参。 16分の12拍子を表現しながら繫留を聴く、 ゼクエンツを感じながら片手の完成度をあげる、 というアドバイスをいただきました。 いくら弾いても訳がわからない箇所多数。転調が把握できてないのかな…

38人から48人に。自分の意見が伝えられるように

2015年8月から2016年12月まで、16か月にわたってライティング個別指導を受講いただいた、愛知県の三輪早苗先生。 このあいだ、生徒さんは38人から48人に増加。 言いたいことが保護者に言えなかったのが、堂々と伝えられるようになり、軽く見られているとい…

名古屋チェルニーセミナー 第4回

名古屋チェルニーセミナー、 今回は、チェルニー30番のひきあいを、連弾アンサンブルでやりました。チェルニー30番をセコンドに、低音部のプリモを佐々木邦雄先生がつけています。 事前にスタジオに入ったり、ペアで動画を送りあって練習したり、みなさんの…

強力ブロガー軍団 忘年会

ライティング個人指導を受講くださった先生方と忘年会ランチで集まりました。 みなさんが、取り組まれたことは、それぞれこんな感じです。 ブログ立ち上げ、ホームページ立ち上げ、 ホームページ見直し、プロフィール見直し。 リトミッククラス立ち上げ。ピ…

月謝改定を考えるなら、満足度を上げる

東京国際フォーラムで、ライティングセミナーを行いました。 月謝改定をするには、レッスンの満足度が問われます。基本はやはり、うまくなったという実感が満足度につながりますね。 上達するためには自宅練習、それを促すための保護者とのコミュニケーショ…

説明能力がついて、ペースメソッドの輪が広がりました

ペースメソッドの広報担当状態で大活躍の足立小百合先生。 私がライティングの個別指導を始めたばかりの頃、6か月受講いただき、ブログの立ち上げをされました。 一般的にはなじみの薄いペースメソッドについて、保護者に説明しなければならないという強い…

上原ひろみ風にチェルニーを

きのう上原ひろみちゃん、機械的なまでにウルトラ正確にひとつのパターンを高速で長時間繰り返す技をあちこちで使っていて、それがすごく訴えてくるロックな感じがあって客席がヒートアップしてたんです。 https://youtu.be/4806Z66ewls上原ひろみ ザ・トリ…

シンポジウム後に横浜散策ご案内〜プチ遠足

シンポジウム終了後は、ランチ会。 さらに茨城や静岡なと遠くからレッスンを1日お休みにしてご参加の先生がいらっしゃいました。せっかくでしたので、みなとみらいの散策に、プチ遠足としてご案内しました。 私のお気に入りスポットの赤レンガ倉庫3階のテラ…

第2回教本シンポジウム カワイ横浜

カワイ横浜教本シンポジウム終わりました‼︎ 三輪昌代先生、古内奈津子先生の教本カリキュラム表は永久保存版です。 ぴあのどりーむで育った平成生まれの先生がいらして、ベテランの先生から質問責めに‼︎ トータルなカリキュラムの全体像を描き、場当たり的に…

スケールやり直し

自分のレッスンへ。スケールやり直しをお願いしました。C Durの片手だけで45分。爆 親指の付け根の動きが少ない 弾いてない指は鍵盤をさわらない 拍子感 これだけでも大変。 課題山積みですが、できたらレベルアップ間違いなし‼︎

1種類の教本だけでは足りません

12月2日金曜日、カワイ横浜シンポジウムで古内奈津子先生にご紹介いただく楽譜の一部です。 超売れ筋のド定番で、これをうまく併用していく技が古内先生の得意技。 残念ながら1種類の教本だけでサクサク進める優秀で練習よくしてくるお子さんは少数派なのが…

「相対的な読譜の教本」ピアノ教本比較セミナー 第2回

ピアノ教本比較セミナー 第2回 「相対的な読譜の教本」 ムジカノーヴァ 2016年11月号 出版社/メーカー: 音楽之友社 発売日: 2016/10/20 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る アメリカ系の教本に、突然「スキップとステップ」だとか、音程がたくさん…

フランスのメソッドで反進行を学ぶ

ピュイグロジェ先生がお書きになり、 藤井一興先生が解説しているテクニックの本。48曲すべてが反進行。 藤井先生のお弟子さんの三輪昌代先生はこの本を幼児さんからみんなにお使いだそうです。 「同じ音をタッチするユニゾン進行と、同一指使いでタッチする…

タイプ別、教本の組み立てかた

晩秋の表参道。 来週の金曜日のシンポジウムに向けて、パネリストの古内奈津子先生と打ち合わせました。 年長から始める標準タイプ年中から始める標準タイプ理解の早いタイプ理解の遅いタイプ それぞれに対応した教本カリキュラムの作り方について、一番知り…

藤井一興先生のバッハとショパン

藤井一興先生のセミナー、カワイ表参道へ。 ショパンエチュードとバッハ平均律の同じ調の曲を比較していきます。 弾いてくださる音が、、、素晴らしい‼︎ ずっと聴いていたい! バッハの転調を感じながら弾いて欲しいとおっしゃってました。アファナシエフも…

レッスン発表会のお役立ち楽譜ガイド

ムジカノーヴァの別冊? 的な、楽譜ガイドが出ました。 活躍中の先生方を網羅した1冊です。 私は村手静子先生に、はじめの一歩 ロシア奏法によるピアノ教本 のお話を伺いました。 ご自宅てお話しながら弾いてくださったベヒシュタインの音が、衝撃的に美しか…

生徒さん増加報告

ライティングセミナーや個別指導受講のピアノの先生から、今年1年間での生徒さん増加のご報告が来ています。 12名増加 48名13名増加 35名10名増加 17名14名増加で29名 人数さえ増えればいいというのではなく、ひとりひとりを大切にしながらのこの結果。 この…

5回目の狛江ステップ室内楽

狛江ステップ終わりました!ベートーヴェンの街の歌 1楽章を、チェロの清水詩織先生、ヴァイオリン那須亜希子先生と弾いてきました。演奏に集中はできたんだけど、あれこれやろうとしたことが多く、思い通りに弾けなかったです。ベートーベンは難しい‼︎ フレ…

1音1音のクオリティが問題

朝から多喜先生のレッスン。 明日弾く「街の歌」1楽章でだし部分、何が問題なのか特訓していただきました。 1音1音のクオリティやエネルギーの問題というのが、わかりました。 すぐにできませんが。 弦楽器の先生方の思いを、ピアノ弾きにわかるように翻訳し…

フレーズの終わり方が問題だ!

室内楽クラス、5年目。 3月から毎月1回、ベートーベンのピアノトリオを1.2.3楽章、勉強してきました。 7人のグループで、ひとり20分プロの弦楽器奏者の先生方と合わせていただき、多喜靖美先生、松本裕子先生から指導していただきます。 週末の狛江ステップ…

ヤマハ掛川工場と浜松楽器博物館へ遠足

昨日は、私の主宰するライティング研究会で、掛川のヤマハグランドピアノ工場と浜松の楽器博物館に遠足に行ってきました。 関東、静岡、名古屋、岐阜、関西の先生方、私を含めて23人。 初対面の先生どうしも話が弾み、和気あいあいとした楽しい時間となりま…

室内楽歴5年で、わかってきたこと

八王子ステップでは室内楽コーナーを聴かせていただきました。 多少室内楽の経験ができてきたので、初心者さんはあそこがああなればきっとこうなって等々、いろいろ思い浮かぶようになってきました。自分ができるかどうかは、棚に上げての話ですが、そが第一…

うちの子にピアノを続けさせる価値はあるんでしょうか?

それなりに練習して上達、楽しんでいて保護者の満足度も高い。こうした生徒が多ければ、退会は少なくご紹介は増えて経営は安泰。 値上げもスムーズです。 しかし満足度がイマイチなまま値上げの連絡が来ると、「いい機会」として退会のきっかけに。 発表会を…

ピアノ教本比較セミナー

表参道クラシックスペースで、ピアノ教本比較セミナーを行いました。 他のメソッドに影響を与え、ネタ元になっている重要な教本を中心に、歴史と全体を概観しました。 30冊ぐらい? 駆け足でしたので、これから各論で深めていきます。 偶数月の木曜日に行う…

藤井一興ピアノリサイタル 音楽遺産 浜離宮朝日ホール

難しそうと思っていたメシアンが、藤井先生の演奏前トークのおかげで、わかったような気がしました。微分音程を3倍にして鳥の鳴き声が再現? メシアン先生が録音した鳥の声を藤井先生も聞かせてもらったとか。 ドビュッシーは、ますでシャンパンゴールドのよ…

心地よい現代国語の授業?

中西美江先生が奈良ライティングセミナーのご感想をブログ記事に書いてくださいました。 鋭い観察! 素晴らしいです。 「美芽先生のワークは本の帯に注目、どこの文章から、なぜこの文章が選ばれたのか?を受講者全員で音読・・・ それぞれが読んだ感想など…

バロック。ピアノ風かチェンバロ風か、それが問題だ

どっちでも自由なんですよ。でも、コンクールではどっちが有利とか、あるんでしょうかね。 2016年のピティナコンペの結果特集号を見ていたら 石黒加須美先生はA1、小学2年生以下の講評で、バロックについての課題として 「調性の変化により対応でき耳…

インベンションでヘミオラって習いましたか?

バッハ インヴェンション 分析と演奏の手引き 分析:小鍛治邦隆 演奏の手引き:中井正子 作者: 小鍛治邦隆,中井正子 出版社/メーカー: ショパン 発売日: 1998/12/10 メディア: 楽譜 購入: 2人 クリック: 3回 この商品を含むブログ (1件) を見る チェンバロがご…

バロックをコンクールで弾くときの評価

バッハなどバロックのピアノ曲を弾くときのアーティキュレーションは、書いていない場合もありますが、書いてある場合もあり、書いてある場合、アーティキュレーションは楽譜によって違うことがよくあります。大きく分けるとふたつの方向性があります。 1 …

奈良初めてのミクロコスモス

奈良2days、 今日は、初めてのミクロコスモス。奈良、生駒にある、あべありか先生のアトリエ・アルティカにて。 関西のピアニスト、あべありか先生は、アメリカから帰ってきた先生に子どもの頃ミクロコスモスを与えられ、全曲を制覇した経験をお持ちです。ミ…

奈良カンヅメライティングセミナー

奈良で1日カンヅメのライティングセミナーを行いました。 観光シーズンの近鉄奈良駅前。ぽかぽかと日差しがまぶしい小春日和です。正倉院展はディズニーランド並みの混雑なんだとか。 そんななかでお部屋にこもって1日みっちり勉強です。 まずは、読み手に…

バロックのアーティキュレーションは、楽譜によって激しく違う

ラモーのメヌエットを見て見ましょう。 たのしいバロックアルバムは、チェンバロ風 プレインベンションは、スラーで、ピアノらしく ピュイグロジェ教本は、チェンバロ風 私の「好み」はありますが どちらもアリだと思います。 指導者のためのライティングセ…

たのしいバロック たかさき ひきあいセミナー

高崎まで、たのしいバロックのひきあいセミナー講師に伺いました。 依田智恵子先生のご感想 ドキドキしながらの2回目の参加。宿題は「たのしいバロックアルバム」(教育芸術社)より任意の数曲。 子供向けのわかりやすい解説と大きな音符(これ大事。)いかつく…

一目瞭然でも気にしない

「りんごは赤じゃない 」に出てくる風っ子展。市内の小中学校生徒作品が公園に展示されます。我が家はちょうど息子、娘、両方、出してもらえる学年でした。 りんごは赤じゃない―正しいプライドの育て方 (新潮文庫) 作者: 山本美芽 出版社/メーカー: 新潮社 …

ムジカノーヴァ11月号「読譜教本あらかると」

いつもの書評に加えて、 読譜特集にも執筆しています。 相対的な譜読みをさせる教本、教材の解説です。 譜読みについては教本セミナーやひきあいセミナーでお話ししていることの一部分。 プレリーディングという言葉、なじみのなかった先生は、ぜひこの機会…

12月2日ピアノ教本シンポジウム

シンポジウム ピアノ教本、使いこなそう 第2回[講師]山本 美芽 三輪 昌代古内 奈津子[日程]12/2(金)10:00-12:30(神奈川)[会場]カワイ横浜 イベントサロン「プラージュ」(所在地:神奈川県横浜市中区相生町6-113)[受講料]会員 2,500円 / 一般 3,0…

現代の教本を現代の子どもたちに

合唱伴奏で、否が応でも邦人作品に取り組まざるをえない生徒さんたちがたくさんいます。 指はしっかり動くようにしておきたい。さらに邦人作品の現代スタイルに、すんなり入っていけるように準備しておいてあげたい。 そのための「曲」もいいけれど、もっと…

はっきり言えるようになりました

ライティングの個人レッスンをピアノの先生方と行っています。名古屋の三輪早苗先生は、1年以上継続して学んでいらっしゃるとても熱心な先生です。 「ブログを書いても、何か、他の先生と自分の文章は違うような気がするんです」 と、何か違和感があるとい…

11月10日 ピアノ教本セミナー 

全国で展開してきたピアノ教本セミナー。 今回は、表参道での開催です。 少人数で、連弾にも参加しながらじっくりと教本の歴史を 頭に叩きこむ濃密な2時間になる予定です。 「いつも同じ教本ばかり生徒に紹介してしまう」 「使っている教本のシステムがよく…