読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽センスを伸ばしたい!

音楽ライター山本美芽による、ピアノレッスンに関する取材日記です。

セミナースケジュールはこちらです。 山本美芽オフィシャルサイト

今野万実先生セミナー 多摩センター

今野先生の導入期のお話。 3の指から、ノンレガートから導入するお話は、ロシア奏法と同じです。 音の方向性のお話は多喜先生がいつもおっしゃっていること。 教材の複数持ち、バーナム、オルガンピアノ、バスティン、ギロックは、つまずき対策、数こなし。…

楽器センター金沢

http://gckanazawa.kaishindo-music.co.jp/pianos/2017/04/17/51山本美芽先生公開講座コーナー!/

ピアノ教本シンポジウム第3回 カワイ横浜

カワイ横浜、第3回ピアノ教本シンポジウムを行いました。 テーマは体験レッスンでの教本選び。 パネリストの古内奈津子先生が、 だんまりちゃん おしゃべりで主導権を握りたがる女子 三輪昌代先生が、 寝っ転がり男子 耳コピして楽譜が読めない女子 への体験…

7月5日カワイ梅田 6月29日スター楽器池上ショールーム

教本の乗り換え 山響楽器中山店

中山の山響楽器さんで、教本の乗り換えについて、セミナーでお話しました。 オルガンピアノ1のポジション移動でつまずき、どりーむに乗り換えたけど退会した事例、 どりーむの4がジュニア3と同じ理由でつまずいている、など、客席の先生方から出てきたネタが…

いまの私の課題、拍子感

自分のレッスン、多喜先生宅へ。 バルトークのミクロコスモス 新しい曲。英雄ポロネーズモーツァルトのディベルティメント 練習できてない状態でしたが、片手ずつのアンサンブルをしていただいたり、奏法、拍子の感じかた、レガートの作り方など、練習ポイン…

室内楽クラス モーツァルト3回目

多喜先生の室内楽クラスでモーツァルト、ディベルティメント。 チェロの篠崎由紀先生と、N響のヴァイオリン奏者、森田先生と初めて合わせていただきました。 1楽章後半と、2楽章の前半。 私はやっぱりタイム感、拍子感が問題らしい。ダイナミクスもつけられ…

月謝を持って来ず、話し続ける保護者

先日の記事を読んだピアノの先生から、こんなメールをいただきました。 ーーーーーーーー こんな保護者のかたが 以前、私の教室にいらっしゃいました。 口頭で言ったことは、確実に忘れます。本当なら、メールよりは電話(そして電話よりは対面)と思っていま…

アスペルガー傾向の保護者と、どう接するか

全国のピアノの先生たちから、毎日いろいろなご相談のメールが届きます。 コミュニケーションというか、会話がほとんど成立しない、すごく失礼なことをズバズバ言ってくるお母さまがいて困っていたけれど、結局、退会されたというお話をききました。 気分が…

チェルニー30番の秘密

上田泰史先生のチェル二ー30番の秘密、きのう夜帰ったら宅急便の不在票が入っていてきのうのうちにゲット。春秋社さんから送っていただきました。 ざっと読了。面白い。猛烈に優秀な研究者でいらっしゃる。しかも音楽学の偉い先生の本にありがちな、一般人に…

【新刊】ピアノ指導者のためのピアノ教本ガイド

ピアノ指導者のためのピアノ教本ガイド 2017/5/10 発売予定 大変長らくお待たせいたしました。 ここ数年ずっと執筆していた、 ピアノ教本ガイドの出版が5月10日に決まりました。 1部 ピアノ教本の概観 2部 おもなピアノ教本について、くわしくガイド 3部 乗…

滋賀 南草津 ロマン楽器にて教本セミナー

今日は初の滋賀セミナーでした。 立派なホールにヤマハのフルコン、プロジェクターまでご用意いただき、感激でした。 ロシアの影響、トンプソンの影響、バルトークミクロコスモスの影響、などを中心に、教本の歴史についてお話しました。 連弾のお手伝いいた…

5月18日札幌教本セミナー

島村楽器札幌クラシック店さま。 初の北海道セミナーです。

大学の先輩が、歌人になっていた

歌人の千葉聡さんは、学芸大の大学生協でお世話になった国語科の先輩です。当時は愛称、さっしいさん。優しい先輩なんです。たくさん悩みを聞いてもらったな。 今は、ちばさと。 毎日新聞の記事を見て、ツイッターアカウント探したら、いた! ツイッターに。…

サブバイエルひきあいセミナー 表参道

サブバイエルのひきあいセミナーでした。2時間びっしり連弾大会。すぐ使える曲満載。サブバイエル著者の、宮本先生。 サブバイエル連弾1は、気合い入りすぎてセコンド必要以上に難しい曲も。爆 というあたりも見極めながら、生徒は四分音符だけど先生は八分…

ピンとくる感覚

演奏しながら思っていることってほんとうにダイレクトに聴く人に伝わります。 うまく弾こう ➡ うまく弾きたいんだな速く弾こう ➡ 速く弾きたいんだな楽しく弾きたい ➡楽しく弾きたいんだな曲からワクワクを感じてる➡ なんだかワクワクしてきたな、あれ?胸キ…

春から夏のセミナー予定

春から夏にかけてのセミナースケジュールが決まってまいりました。ほとんど教本セミナーですね。3/29 滋賀 ロマン楽器 教本セミナー 歴史と特徴4/18 横浜・三響楽器中山店 教本セミナー 乗り換え4/21 カワイ横浜 教本シンポジウム4/27(木)…

大阪ピアノ教本セミナー 譜読み編

東大阪の布施で、中西先生の仕切りで教本セミナーさせていただきました。 昭和生まれの普通のピアノ教育での譜読みは、ドレミファソラシドの場所を覚える読み方、「音名読み」。 さいきん充実しているアメリカ、国産の教本の譜読みは、音程や、パターンを見…

二本柳奈津子先生に取材

名古屋セミナーのあと、大阪に移動して、二本柳奈津子先生に「ラインとハンドサイン」について取材させていただきました。 http://ameblo.jp/mimeyama/entry-12253754614.html 線と間を使ったアプローチは、バスティンをはじめとするアメリカ教本とも共通点…

名古屋カンヅメライティングセミナー

名古屋の国際センターで、まる1日かけて6時間にわたるライティングセミナーを行いました。 十塚みのり先生 「今日は自分の教室のキャチコピーを作るために普段使わない頭をフル回転(ユル回転かも)文章の要約は、簡潔にわかりやすく伝えるために大切なこと…

藤井一興ピアノセミナー

3月3日、朝から表参道のカワイに。 藤井先生のセミナーへ取材。いつもながらすばらしい天国状態の美しすぎるピアノに包まれた至福の時間でした。開催いただいたことに、ほんとうに感謝。静岡から永田雅代先生、山本ちえこ先生、いつもセミナーに来ていただい…

【読者からのお便り】やった!ペーパードライバー卒業

30代、2児の母、自宅開業されているピアノ講師のB先生からメールが届きました。B先生も私も首都圏に住んでいて、駅から歩けるから車が必須のエリアではないんです。 「美芽先生に背中を押してもらったお陰で、運転できるようになりました。と言ってもまだ…

朝から晩までひたすら聴いて

先週から取材準備と原稿書きで、1日12時間ぐらい次々にCDやDVDをとっかえひっかえ聴く日々がもう2週間ほど続いています。 ディメンション 25年を振り返る 小曽根さん ゲイリーとの34年を振り返る TRIX ライブDVD アルバムレビュー4本 CDの山が机の上に…

ピアノ講師、実家と夫のサポートがなくなった場合

前回おたよりを掲載したA先生ですが、続きのお便りが届きました。 状況は、前回のお便りよりも、ずっ深刻でした。 実家や夫のサポートなしでピアノを続けることは、容易ではないと、気づかされます。 それと同時に、生徒が集まるような魅力的なレッスンさえ…

音楽の仕事を続けるのか、やめるのか

ピアノの先生のなかには、苦しい立場のなか必死に踏ん張っているかたもいらっしゃいます。 生徒数がある程度の人数までいかない場合、ピアノの先生以外の仕事を掛け持ちせざるをえないこともあります。 音楽の仕事を続けるのか、続けないのか、ぎりぎりのと…

4/27 ピアノ教本セミナー「のりかえポイントを考える」

【木曜開催 ピアノ比較教本セミナーシリーズ 第3回 のりかえポイントを考える】 2017年4月27日(木) ピアノ教本比較セミナー のりかえポイントを考える 渋谷駅南口のスタジオ カサモト さんをとりました。 ピアノひけるよジュニアの2から3にいくのがどう…

室内楽クラス モーツァルト開始

今年はモーツァルトのディベルティメントです。トップバッターで弾きました。なんか気持ち良かったなぁ。なんて言ってるのはダメなところ聴けてないのかな。 バイオリンの西田先生の音、チェロの篠崎先生の音、素晴らしい。ハモったり一緒に刻んだり、夢のよ…

ありがとうの言葉もなく

大繁盛教室の先生は、ピアノの先生を雇っていらっしゃいます。でも、先生を見つけるのはとても大変だそうで、ご苦労が多いそうです。こんなお話を聞きました。 生徒さんが増えすぎて忙しいので、ピアノの先生をネットで募集しました。 時給2000円、車通勤可…

ピアノは邪魔?

音大卒の先生から、結婚相手からピアノに理解が得られず結婚がうまく行かなかったメールが届きました。新築したのに防音の予算を削った時点から、すでに、コミュニケーションが上手く行かなかったようです。 「婚活会社の見合いで結婚し、新築一軒家を建てた…

売れっ子は数をこなし、短時間で圧倒的な成果を出す

生徒が多いピアノの先生が、金儲けと批判されることに対して、ピアノ屋ドットコムの石山社長が、フェイスブックでコメントをくださいました。 「ピアノ調律の世界も一緒ですね。 調律を一日5台やる⇒手を抜いている調律を一日に1台しかしない⇒丁寧にしてくれ…

譜読みの力を伸ばす教本 表参道

譜読みの力を伸ばすピアノ教本セミナーを表参道で行いました。 教本セミナー10回目にあたる新しいコンテンツ、初お披露目です。レジュメ18ページの大作! 音名読みと音程読みの違いからお話ししました。 「読譜力は永遠の課題で、自分が子供の頃は、こんなワ…

【生徒が多いのは金儲け主義?】

たくさん生徒さんがいるベテランA先生からのメールをご紹介します。 生徒が多いと、商売だとか金儲けといって冷たい目で見られるんだとか。 「大体みなさん、生徒さんは多くて毎日6~7人じゃないでしょうか。私は大体毎日13人前後です。15人の時は(休…

1日カンヅメになってみる

ピアノの先生方にライティングセミナーを始めて3年あまり。 教室経営は保護者の理解なくして成り立ちません。一人ひとりと話す時間がないから、ブログやお便り、メールが役立ちます。でも発信慣れしていないと、せっかく書いても読んでもらえません。 3月5日…

5月は札幌と金沢

5月1日に金沢で教本セミナーきまりました。乗り換え編です。地元の先生の強力なご推薦で決まったそうで、本当にありがとうございます。なるべく前日昼には金沢入りしたいと思います。 5月18日は札幌の島村楽器さんで教本セミナーが決まりました。こちらは歴…

自立への長い道のり

いい年をした社会人なのに自立できる金額の売り上げがない。苦しい胸の内をつづったピアノの先生からのメールがいくつも届きます。いくらならば、自立したといえるのでしょう。貧困と低所得ではまた定義が違うようです。でも年収200万とかは低所得に分類され…

音名読みと模様読み

来週の譜読みの力をつける教本セミナー、19ページの大作レジュメ完成しました。 小学校の教科書でのプレリーディング、視覚優位・聴覚優位別の漢字指導法の研究から使えそうなネタ、ペースメソッドのもとになったブルーナーの考え方、などなど、理論的なこと…

好きな曲が好きな理由が今頃わかってきた

相対的な譜読みのピアノ教本のセミナーレジュメづくりに没頭しておりました。ペース、バスティン、アルフレッド、そこから日本の江口寿子先生、町田育弥先生、田村智子先生、丸子あかね先生のアプローチを見ていくと、そういうことだったのかなるほどねと見…

室内楽6年目はモーツァルトのディベルティメント

キタ〜‼︎モーツァルトのトリオの楽譜‼︎早いもので6年目。 プロ奏者の先生に合わせていただき、ピアノトリオでのピアノ演奏についてご指導を仰ぐ室内楽クラス。今年はモーツァルトのディベルティメントです。 昨年のベートーベンより、随分音数少ないわ。これ…

2月16日 相対的な譜読みの教本

相対的な譜読みのピアノ教本セミナーを2月16日に表参道クラシックスペースで行います。ライティング研究会で募集して満席になっていたのですが、2名キャンセルが出たので、もしよろしかったらどうぞ。 ムジカノーヴァ11月号の譜読み特集でお話しした内容です…

1対1で、積み重ねる

文章を書くのにすごく時間がかかる、伝わっているのか自信がない、そんなお悩みをピアノの先生方から聞くので、 セミナーや執筆と並行して、ピアノの先生方に、ライティングの個人指導をしています。 1対1で、じっくりお話しして、文章を毎日添削しながら、…

フーガ、連弾みたい

息子が寝る前に母の独断でリヒテルの平均律のCDをかけた。「これ、お母さんが弾いてたやつ? なんか超はやくない⁉︎」「違う曲みたいだよね」リヒテルの高速プレリュードが、もりもりと続き、ふたりで「はやすぎる‼︎」爆笑しました。 「このあとにフーガって…

春の横浜 ピアノ教本シンポジウム

春の横浜シンポジウムのお知らせです。 「体験レッスンが入ったけれど、どんな教本を用意しておけばいいかわからない」「生徒さんの反応を見て、タイプに合わせて本を使い分ける方法がわからない」 こんなお悩みありませんか? 新しい生徒さんが入ってくる新…

ポジション移動

明日のセミナーのために、使う楽譜を見直しました。お題はポジション移動。また見直すと、発見がありました。 耳重視、指重視というスタンスの違い。指ひろげと、ポジション移動、どっちを先にもってくるか、並行するか。それによって、弾ける音域やメロディ…

銀座で父の誕生日祝い

築地で父の誕生日祝いをしてきました。 母がお気に入りの築地「田むら」。 繊細な日本料理。日本って本当にいいな。 プレゼントに、新宿の小田急でマリアージュフレールの紅茶を買っていきました。イギリス、ロシア、フランスのブレックファーストティーの詰…

ダブルシャープが苦手

平均律プレリュードを譜読みして、改めて、思いました。 ダブルシャープが苦手なんです。 っていうか譜読みが子どもの頃から苦手なんです。 いまもレッスンに行ってシャープ付け忘れとかいまだにあります。 ダブルシャープが多い調の曲だと「わぁ、どうしよ…

蜂蜜と遠雷 面白い!

蜂蜜と遠雷 読んでいます。もーめちゃくちゃ面白い‼︎‼︎ 業界あるある話が丹念に取材されていて、描写にうんうんうなずいてしまいます。 まだ読み始めですが おとといセミナーで弾いた平均律もこの前、題名のない音楽会で聴いたイスラメイも秋に浜松アクトシ…

ネイガウスの言葉

ロシアの偉大なピアニスト、ネイガウスは、「膨大な数のチェルニーやクレメンティの練習曲を、平均律クラヴィーア曲集からの運動のプレリュードひとそろいに置き換えることです」と述べてます。ピアノ演奏芸術 ゲンリッヒ・ネイガウス {72DCC5A2-C214-4475-9…

いまさらですが、平均律プレリュードに挑戦してみる

私が主宰するFBグループ、ライティング研究会では、表参道のパウゼを借りて、シゲルちゃんで、平均律のプレリュードを弾く「ひきあいセミナー」をやります。 これまでやったことない曲を譜読みしようと音頭をとり、ネイガウスがチェルニーのかわりになると…

メルマガもうすぐ400号

メールマガジンを2004年からでしたが、 もう10年以上配信しております。 ブログやフェイスブックでの発信をぎゅっとまとめて お知らせとあわせてお届けしています。 きょう配信したのはこんな感じ。 あれ? 次で400号になりますね。 登録はこちらです。無料…

相対的な譜読み 3月6日 東大阪

3月5日(日)は、名古屋で1日カンヅメライティングセミナー。翌日は、大阪で教本セミナーです。 「相対的な譜読み」というのは、私が考えた用語なんです。わたしが子どもの頃は、音程っていうのは譜読みのときには関係ないもので、音大受験を控えて楽典の勉強…